お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

結婚詐欺に注意! 詐欺師の手口と狙われやすい女性の特徴とは?

刈谷龍太

今年も寒い冬がやってきました。寒くなってくると,人肌が恋しくなってきますよね。クリスマスが近づいていることもあり,素敵な出会いを求める女性も多いかと思います。しかし、悲しいことに、そんな幸せな恋愛や結婚を夢見る女性を騙す詐欺、「結婚詐欺」も昔から少なくありません。今回は、結婚詐欺に遭わないために知っておきたい「詐欺の手口」や「狙われやすい女性の特徴」などをご紹介いたします。さらに、結婚詐欺被害に遭わないようにするためにはどうするべきかについて、グラディアトル法律事務所の刈谷龍太弁護士に聞いてみました。

rf29563520_o

■結婚詐欺の手口とは

結婚詐欺師が狙うのは、ズバリ「結婚をしたいと考えている女性」です。そのような女性と出会う一番手っ取り早い方法は、婚活パーティやマッチングアプリなどの出会い系サイトです。結婚詐欺師は、出会いを求める一般男性を装っているため、ファーストコンタクトでいきなりお金の話をすることはまれで、まずは、交際にもっていくために心の距離を詰めていきます。
af9920073510m

また、結婚詐欺師は、当然ですが本名を名乗ったり、自らの本当の身分を明かすことはありません。婚活パーティや出会い系サイトで登録している職業、年収、名前は虚偽であることがほとんどです。偽る職業で多いのは、コンサルタント業、会社経営者などで、女性に対して経済的な信用を与えます。これには、お金の管理に長けているというイメージを与える戦略もあるでしょう。

女性は徐々に、しっかりとした仕事についていて信用できる、優しいなどいったイメージを持ち始め、詐欺師も結婚に対する意欲が強いことをちらつかせ、遊びでなく本気であるようにみせかけ、交際に発展させます。当然、交際に発展するまでに、詐欺師は相手の女性が結婚を切望しているかどうか、男性との交際の経験値をそれとなく確認し、自分がコントロールしやすいかどうかを見極めています。それと同時に、女性の経済力、すなわち女性の仕事やそれから想像される年収、お金の使い方(派手か地味か)、そこから考えられる預金額、実家の両親の仕事、実家の資産額まで計算している場合もあるのです。これらについて詐欺師が女性に質問する時は、あくまで日常会話の中などでさりげなく確認するため、女性側が見抜くのは困難であると言えるでしょう。

詐欺師が実際にお金を女性からとるパターンとしては、不動産投資を勧める方法があります。「節税ができる」とか、「二人の将来のために資産を増やした方がいい」などと上手く丸め込まれてしまうのです。コンサルタントや金融系の仕事をしていると名乗っていると、言葉にも説得力があり、言われるがままに契約してしまいがちです。不動産の契約をしてしばらくすると連絡が取れなくなってしまい、購入した不動産の価格も相場よりも高かったことに気付くことになったりするのです。また、会社の経営に失敗した、社員がお金を横領して早急に金銭を用意しないと不渡りを出さないといけなくなる、友人に騙されて借金が出来てしまい困っているなどと暗に泣きつく方法も多いです。詐欺師は「このような状況だと結婚が出来ない」「申し訳ない」などと言って「この金銭トラブルさえ解決できたら結婚できる」と女性に思い込ませるのです。こういったケースでは、詐欺師が「お金を工面してほしい」などと言う前に、女性の方から金銭を援助してしまうケースも多いですね。

次ページ:結婚詐欺に遭いやすい女性の特徴とは

お役立ち情報[PR]