お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【専門家監修】彼女の呼び方からわかる男性タイプ&2人の距離

織田隼人(心理コーディネーター)

いつ? どんなとき? 彼女の呼び方を変えたタイミング6つ

rf48233444_o

ここからは呼び方の変遷について探っていきます。関係が深くなるごとに、呼び方が変わってくることは往々にしてあるもの。働く男性に、彼女の呼び方を変えたタイミングについて聞いてみました。(※1)有効回答数218件

(1)いつのまにか自然に

・「最初はさんやちゃんを付けていて、だんだん呼び捨てになる」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「自然と長く付き合う内に、なんとなく変化していきました」(27歳/不動産/技術職)

意識して呼び方を変えたのではなく、付き合っているうちにだんだんと変化していった人も多いようですね。

(2)仲良くなってから

・「仲良くなってから自然と変わったかんじかな」(28歳/その他/その他)

・「仲が良くなったと思ったから。勢いで」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

お互いに仲が良くなってから、呼び方にも変化があらわれた人も。まだぎこちないときだと、呼び方を変えるタイミングとしては違和感がありますものね。

(3)彼女が望んだから

・「彼女が今の呼び方にしてくれと言ってきたので」(31歳/その他/販売職・サービス系)

・「相手がその名前でずっと呼んでほしいと言っているから」(31歳/通信/経営・コンサルタント系)

彼女のほうからそう呼んでほしいといわれて、呼び方を変えた男性もいるようです。どこかできっかけを作らないと、ずっと同じ呼び方をしてしまうこともありますものね。

(4)付き合った後に

・「彼女と付き合ってしばらくして呼び捨てに。仲が深まったと感じるから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「付き合う前はさん付けで呼んでいたので、よそよそしいと思って、付き合い出してすぐあだ名に変えた」(34歳/その他/その他)

相手と付き合い始めたタイミングで、呼び方を変えるのが理想的かもしれませんね。お互いに恋人同士になったことが、実感できるのではないでしょうか。

(5)慣れてきたから

・「距離感が縮まったことが理由。自然と呼ぶようになった」(30歳/運輸・倉庫/その他)

・「お互い慣れてきて親近感が湧いてきたから」(31歳/その他/販売職・サービス系)

2人の距離感が縮まってきたところで、呼び方も変わってくるのでは。あせらず徐々に変化していくのがいいかもしれませんね。

自然と呼び方が変わる男性もいれば、意識して呼び方を変えた男性もいるようです。どこかで線引きをしないと、ずっと名字で呼んでしまうこともあるので、ここぞということを決めておくことが大切かもしれませんね。

次ページ:彼女の呼び方からわかる彼氏のタイプ&2人の距離

SHARE