お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子には理解不能? 男子が「一人になりたい時」

ファナティック

%e5%a4%a7%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93パートナーと一緒に暮らしていても、自分の時間を持つというものは大切なことですよね。男性はどんなときに「一人になりたい」と感じることがあるのでしょうか? 働く男性のみなさんにアンケート調査で本音を聞いてみました。女性のみなさんは、この気持ちに共感できますか?

(1)疲れたとき

・「疲れているときやストレスが溜まっているとき」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「疲れているとき。誰にも慰められたくないほど、辛いことがあったとき」(28歳/その他/その他)

仕事でヘトヘトになって帰宅したとき、このまま眠りにつきたい! と思うこともありますよね。彼に余裕がないと感じたら、そっとしておいてあげることもやさしさかもしれません。

(2)落ち込んだとき

・「日常生活でキツイことがあったとき」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「仕事で失敗して落ち込んでいるとき」(27歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

落ち込んだときには、誰かに慰めてもらいたいと思うこともあれば、一人で考えたいと思うこともあるでしょう。彼が悩みを聞いてほしいタイプか、一人になりたいタイプが見極めることが大事なのではないでしょうか。

(3)趣味に没頭したいとき

・「真剣に取り組んでるとき」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「勉強しているとき、ラジオを聴いているとき」(23歳/その他/その他)

自分の趣味など好きなことに没頭したいときには、誰かがいると邪魔だと思ってしまうこともありますよね。時間を忘れて熱中したい。入り込んでいる自分の姿を見られたくない。いろんな理由があるでしょう。

(4)ケンカしたあと

・「自分との考え方が少し違うくらいで、ウザいことを言われたとき」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ケンカしたときは顔を合わせたくない」(23歳/その他/販売職・サービス系)

彼女でも同棲するほどの仲だとすると、意見の衝突も起こり得るでしょう。それが後を引くケンカになっている場合には、家に戻りたくない、一人でいたいと感じるのも無理はないでしょう。ひとりになって冷静に考える時間を設けることが仲直りへの近道となる場合だってあります。

<まとめ>

カップルの関係が良好で、末永く一緒にいたい! と思っていたとしても「一人で過ごす時間が必要だ」と考える男性がいることも事実。その気持ちを汲み取ってあげることで、さらに二人の仲が深まるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数330件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]