お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

幸せな結婚って? 既婚者から学ぶ、“幸せになれる”結婚相手の見極め方

ファナティック

未婚女性の中には、結婚に憧れる人も多いはず。でも「結婚=幸せ」とは限りません。だからこそ、今のうちに「幸せな結婚」をする方法を知っておきたいですよね。そこで今回は、先輩でもある既婚女性たちの「結婚の実態」を調査し、「幸せな結婚」をするための男性の見極め方や、結婚して幸せになれる人となれない人の違いについて教えてもらいました。幸せな結婚をしたい女性は、ぜひチェックしてみてくださいね。
2

■既婚女性の「結婚の実態」を大調査!

既婚女性の中には、好きな人とずっと一緒にいたいという純粋な気持ちはもちろん、年齢的に、周りが結婚していくからという焦りの気持ちもあって結婚を決めた人もいるはず。では、実際に結婚してみて結婚前に思い描いていたような結婚生活が送れているのでしょうか。ここでは、結婚相手との出会いから結婚生活の実態まで、既婚女性たちの本音に迫ってみましょう。
pls7917629u53997-1

◆結婚相手との出会いは?

まずは、結婚相手との出会いのきっかけが何だったのかについて聞いてみました。

Q.結婚相手とはどのように出会いましたか?

第1位「学生時代」(26.9%)
第2位「職場」(26.4%)
第3位「友だちの紹介」(13.7%)
※有効回答数197件。単数回答式、4位以下省略・その他除く

出会ったのは学生時代という回答が最も多いようですね。それに続く職場での出会いもほぼ同率で3割弱。学生時代から付き合っていた彼氏が、社会人としてある程度落ち着いたころに、結婚が現実味を帯びてくるというパターンが多いということでしょうか。

◆結婚相手との交際期間は?

次に交際を始めてから結婚を決めるまでにどのくらいの期間が必要だったのかについても聞いてみましょう。

Q.どのくらいの交際期間を経て結婚しましたか?

第1位「3年以上」(39.1%)
第2位「1年以上~2年未満」(25.9%)
第3位「2年以上~3年未満」(14.2%)
※有効回答数197件。単数回答式、4位以下省略・その他除く

第1位は3年以上という回答。出会いのきっかけが学生時代ということを考えると交際期間が長めになるのも当然の結果かも。一生を決めることだけに、それほど短期間で結論を出すのも難しいですよね。

◆結婚の決め手になったのは?

それでは、いざ結婚となったとき気持ちを固める決め手になったのは何だったのでしょうか。ここでは、結婚に踏み切ったきっかけについて聞いてみました。

1.交際期間の長さ

・「同棲期間が長かったので、そろそろかなという話になりました」(30歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「5年間付き合っていたし、この人以外結婚相手は考えられないと思ったから」(32歳/その他/その他)

長く付き合っていて結婚の意志は固まっていたので、あとはお互いのタイミング。結婚するつもりでの同棲もあまり長引くとそのタイミングを逃してしまうと言われているので、キリのいい時期にと交際期間の長さで結婚を決めるカップルも多そうですね。

2.妊娠

・「妊娠したため結婚することになった」(32歳/その他/その他)

・「結婚を前提にお付き合いをして同棲をしていたが、同棲をしてしばらく経ってから子どもができていることが発覚し結婚を決めた」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

元々、結婚する気はあったので妊娠をきっかけに結婚を決めたという人もいるようです。妊娠がわかれば、ムダに結婚を先延ばしにする必要もないし、できるだけ早く入籍だけでも済ませてしまいたいという人も多いでしょうね。

3.30歳を区切りに

・「元々遠距離恋愛だったので、自分が30歳になったのをきっかけに結婚して一緒に住もうと思った」(34歳/その他/その他)

・「お互いに30歳だったのでいい年だしってことでなんとなく決まった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

お互いに年齢も年齢だしということで結婚の意志を固めたというカップルも。結婚後の妊娠、出産、子育てなどを考えるとある30歳という年齢はひとつの区切りなのかもしれませんね。

◆結婚して今、「幸せ」ですか?

実際に結婚してみて理想通りの結婚生活ができていれば「幸せ」を実感できるというもの。でも、既婚女性たちのすべてが同じように結婚したことに幸せを感じているのでしょうか。ここでは、結婚して幸せだと思っているかどうかを聞いてみました。

Q.あなたは結婚して、今「幸せ」ですか?
1

「幸せ」91.9%
「幸せではない」8.1%
※有効回答数197件。

9割以上の女性が結婚して「幸せ」だと感じているようですね。では、それぞれの理由をエピソードとともに見ていきましょう。

<幸せな女性>

○毎日が満たされている

・「好きな人と生活できて子どももできて満たされている」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「価値観の合う相手なので、日常生活を一緒に送るだけでも毎日が楽しい」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

夫と一緒に暮らしているというだけで気持ちが満たされる。毎日、好きな人の顔を見られること、平凡でも幸せだと思える家庭を築けていることで毎日が充実していると感じているようですね。

○結婚後も大事にしてくれる

・「結婚しても自分を大事にしてくれるから」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「夫が私のことをいつも一番に考えてくれ、私自身も家庭を一番に考えてる事が幸せです。また自分の味方がいつもいてくれる安心感があります」(29歳/その他/その他)

結婚したからといって急に横暴になったり、妻をないがしろにするようなこともない夫に恵まれたことが幸せ。どんなときも自分のことを一番に考えてくれる人が側にいると安心して暮らせそうですね。

○安定した暮らしができる

・「穏やかで安定した暮らしで精神的にラクだから」(34歳/その他/その他)

・「何不自由なく生活できているので。感謝しています」(30歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

金銭面でも精神面でも安定した暮らしができているのは、夫がいるから。この人と結婚してよかったといつも相手に感謝できるような結婚生活が送れていれば毎日が幸せに感じられそうですね。

○子どもに恵まれた

・「とてもかわいい息子に恵まれて、子育てを通して自分が女性なんだ、母親なんだと実感しているから」(31歳/その他/その他)

・「子どもがいて夫がいるというのは幸せだから」(32歳/医療・福祉/専門職)

自分の分身でもある子どもがいるだけで幸せ。父親、母親としての存在を実感できる家族が側にいて、家族に守られている結婚生活は、何物にも代えがたい幸せだという女性も多そうですね。

<幸せではない女性>

○理想とちがう

・「思っている夫婦にはならなかったから」(28歳/その他/その他)

・「慣れない育児、結婚をしようと思ってなかったこと、やりたいことがいっぱいあった」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

自分が理想としていた結婚生活とはかけ離れた今の生活では幸せが実感できないという女性もいるようです。結婚相手選びを間違えたのか、理想が高すぎるのか。どちらにしても「こんなはずでは」という気持ちでは幸せをかみしめることはできなさそうです。

○子どもができない

・「子どもができない。夫が忙しいから話をする時間がない」(34歳/その他/事務系専門職)

・「子どもがほしいのに協力してくれない」(31歳/その他/その他)

夫とはすれ違いばかりで子どもがほしいと思ってもなかなかできない。妊活するにしても夫の協力がないと上手くいかないものですが、積極的になってくれない男性もいるようですね。

○収入が不安定

・「夫がいつまでたっても正社員で働かず、子どもの扶養や家のローンすべて自分名義」(34歳/通信/販売職・サービス系)

・「お金がかかることが多くて、常にローンのことなどを考えないといけない」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

夫の収入が不安定、子育てにお金がかかる。金銭的な余裕がなければ気持ちも少しずつすさんでいって、幸せを実感することもできなさそう。お金に関する悩みはすぐに解決できるものではないだけに、難しい問題ですね。

○夫が家庭を顧みない

・「子どももいるが、何でも自分が優先で金遣いが荒く、家庭を顧みないため」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「子どもができても仕事仕事でろくに子どもを見ようとしない」(27歳/その他/その他)

仕事が忙しいのはわかるけれど家庭を一切顧みない夫との生活は疲れてしまいそう。家族を大事にしてくれていない人と一緒に暮らしていると、それだけでストレスを感じそうですね。

ここまで結婚相手との出会い、結婚までの交際期間や結婚を決めたきっかけを見てきましたが「自分も同じ」と感じた人も多かったのではないでしょうか。ドラマチックな出会いや劇的なきっかけで結婚するわけでなく、自然な出会いから愛情を育んで結婚というのはごく一般的な流れとも言えそうですね。多くの既婚女性は、結婚したあとの生活に特別な不満もなく幸せを感じているよう。結婚してよかったと思える相手と巡り合えたことが一番の幸せかもしれませんね。

次ページ:結婚して「幸せになれる女性」とは

お役立ち情報[PR]