お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

だらしない女っ! 「潔癖男子」の前で絶対してはいけないこと6つ

ファナティック

常に身のまわりは整理整頓! 自身の身だしなみにも気を配れる男性は、女性からの好感度も高いはずです。しかし一方で「汚いのがどうしても許せない」という潔癖な人だと、一緒にいるときの苦労が多いのかも。もしも好きになったのが「潔癖な男性」だったとしたら……。そんな彼の前で絶対にやってはいけないことがあるのでしょうか。女性たちの意見を聞いてみました。

af9920077037w

(1)トイレ後の手を放置

・「トイレを出た後に手を洗わないこと。怒られる」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「トイレから出て手を洗って、ハンカチがないから洋服で拭くこと」(28歳/医療・福祉/専門職)

トイレ後の手は、きれいに見えても実は菌が付着していることも……! 「いや、面倒だし」と思うのは、自分にとっても周囲にとってもリスクの高い行為です。きちんと石けんを使って手を洗ったら、清潔なハンカチで拭いてくださいね。

(2)料理のシェア

・「取り箸を使わずに料理を取る。食べられなくなってしまうから」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「同じ鍋をつつく。いろんな人の唾液が混ざるから」(25歳/マスコミ・広告/営業職)

気心の知れた者同士なら、わざわざ取り箸を使わなくても……と思うこともあるかもしれませんが、潔癖の男性の前では厳禁です。「唾液が混ざる」様子を想像してしまうと、料理のシェアは難しくなってしまうのでしょう。

(3)お菓子を食べた手で何かを触る

・「お菓子を食べた手で、その人が触れるような所に触れると、全力で嫌がりそう」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)


こちらは、たとえ潔癖ではなくても、嫌がる男性も多いのかもしれませんね。「もしかしてこの子、俺に嫌がらせしている?」なんて思われたら、叶う恋も叶わなくなってしまいます。こまめに洗うのがオススメです。

(4)片付けをしない

・「汚い鞄の中身や化粧ポーチを見せること。部屋も汚いんだろうと悟られるから」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「出したものを片付けず、そのままにしておくこと。また、片付けの際、元あった順番通りに並べないとダメだと思う」(34歳/商社・卸/営業職)

自身の持ち物を整理整頓するのが苦手、という女性はいませんか? これを機に、毎日の習慣を改善してみてはいかがでしょうか。まずは人の目に触れるところから気にしてみて。整理整頓して快適だと思えるようになれば、自然と生活も整っていくはずです。

(5)素足で歩く

・「靴を脱いで履き替えるときなど、素足の足を床にワンバンしない」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「裸足でその人の家に上がる」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

そもそも、人の家に素足で上がるのはマナー違反だと言われています。足の裏には、汗や皮脂汚れがたっぷり……! ペタペタと自身の足跡をつけるのはオススメできません。たとえ相手が潔癖ではなくても、きれいな靴下を持参するのがマナーと言えそうです。

(6)頭をかく

・「頭や顔、身体のかゆい所をかくこと、ですかね。不潔そうに思われてしまうかも」(31歳/その他/その他)

・「髪や皮膚をボリボリ掻いたりすること、清潔感がないとみなされる」(31歳/その他/その他)

かゆいと思ったら、さっと手が伸びるのが人間。しかしそれが、不潔な印象を持たれてしまう原因になることも……! ボリボリと掻きむしりたくなったら、ぜひトイレの中へと非難して。ちょっと疲れてしまいそうですが、イメージを保つためには必要なのかもしれませんね。

<まとめ>

女性たちの意見をチェックしてみると、「やっぱり潔癖な男性と付き合うのは大変そう……」と思ってしまう女性も多いのかもしれませんね。同じ潔癖でも、何が許せて何が許せないのかは人それぞれです。まずは好きになった相手の潔癖ポイントを、慎重に探ってみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月21日〜2016年12月22日
調査人数:304人(22〜34歳の女性)

お役立ち情報[PR]