お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

会社の女子トイレでしてはいけない「5つの会話」

ファナティック

みなさん、会社の女子トイレでおしゃべりしていませんか? なんでもない話ならいいのですが、うっかり人に聞かれてはいけない話もするのは危険。そこで今回は、会社の女子トイレで「絶対してはいけない話」を女性のみなさんに聞いてみました。

%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac

(1)お局様の話

・「お局様のうわさ話。まわり回って本人の耳に入るから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お局様の悪口」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

会社のお局様の悪口を言いふらしていることが本人にバレたら……。大変なことになりますよね。部下にしてみれば愚痴や不満がたまっているかもしれませんが、この話を聞いていた誰かから本人に密告されたらと考えると、恐ろしくて話もできないはずです。

(2)社内恋愛の話

・「社内恋愛のうわさ話。どこで誰が聞いているかわからないから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「社内恋愛とか恋バナだとバレて広まるからよくない」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

恋バナは女性たちの好むところ。だからこそ、たまたま女子トイレで聞いたネタをありがたくちょうだいする女性もいそうです。恋バナは広まる前提で話すくらいの覚悟が必要ですよ。

(3)仕事の愚痴

・「仕事の愚痴はダメだと思います」(26歳/その他/事務系専門職)

・「社内の愚痴とかそういった関連の話」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

誰かに怒られたこと、人の気に入らない態度など、勤めていれば気になることもたくさん出てくるでしょう。ですが第三者にその様子を目撃されれば、「いつも女子トイレで愚痴っている人」という印象をまわりに与えかねません。こんな損なレッテルはありませんよね。

(4)女性の悪口

・「同性の悪口。誰が聞いてるかわからないから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「社内の女性の悪口。入ってくる可能性があるから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

女子トイレは当然、女性専用。ですから男性の悪口を言っていても本人の耳に直接入ることはないはずですが、同性だと当の本人が個室から出てくることがなきにしもあらず! 気をつけましょう。

(5)同じ部署の人の悪口

・「同じ部署の上司の悪口。どこで誰が聞いてるかわからないから」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「同じ部署の人気のある上司や女性の先輩に関すること(特に悪口)」(30歳/その他/秘書・アシスタント職)

各フロアにある女子トイレ。自分の働いている部署のトイレだと当然同じ部署の人たちも利用します。男性に対する悪口でも、ほかの女性から本人に告げ口される可能性があるので要注意ですよ!

<まとめ>

トイレで女性たちがしている話が気になったことはありませんか? もし知っている人の話なら、耳をそばだててしまいそうですよね。女子トイレで絶対してはいけない話とはそういうものかも。話題は選んだほうが賢明ですよ!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月24日~2016年12月01日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

※この記事は2017年01月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE