お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

一生モテない男性とは? 男女が思うモテない男性の特徴5選

ファナティック

一生モテないのではないかと不安に思うことはありませんか? 今回は男女に聞いた「モテない男性に共通する特徴」を紹介します。「もっとモテたい!」と思う場合は、ぜひ改善できるポイントを見つけて参考にしてみては?

女性に告白してもうまくいかない、彼女ができてもすぐにフラれてしまう。

そういう「モテない男性」には、どんな特徴があると思いますか?

本人は気づいていなさそうな「モテない理由」。今回は、モテない男性がやりがちなことについて、男女それぞれの意見を聞いてみましょう。

モテない男性の特徴とは?【女性の回答】

まずは、女性のアンケート回答から見ていきましょう。

(1)他人に対して態度が悪い

・「店員さんに偉そうな態度をとったり自己中な人。家族を大事にできない人」(25歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「ちょっといきがった態度を、店員さんにとったりする。偉いぞアピールかもしれないが、ただのひどい人に思えます」(31歳女性/その他/販売職・サービス系)

どんなお店に行っても偉そうな態度で店員さんに接する男性は、見ているほうが恥ずかしくなりますよね。

デートで彼がこういう態度を取ったら、一瞬で好きな気持ちも冷めてしまうという女性は多そうです。

(2)人の話を聞かない

・「とにかく、自分の話しかしない」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「自分の趣味を押し付けてきてこちらの話を聞かない」(35歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

単なる話し好きというよりは、人のことを考えられないだけ。

自分の興味があることは一生懸命話すけれど、人の話には耳を傾けない男性だと一緒にいて楽しいと思う女性は少ないでしょうね。

モテない男性の特徴とは?【男性の回答】

続いては、同性が思う「モテない男性の特徴」を見ていきましょう。

(1)見栄を張る

・「自分の過去の栄光話を延々と繰り返す」(26歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「見栄を張りバレバレな嘘をつくことです」(31歳男性/機械・精密機器/その他)

過去の武勇伝を延々と繰り返したり、すぐにバレるようなうそで見栄を張ろうとしたり。

かっこつけたい気持ちは同性だからわかる部分もあるものの、女性にはそれが通用しないということに気づいたほうがいいと思っている男性もいるようですね。

(2)自分のことばかり考えている

・「自分のことしか考えない人。周りが見えない」(30歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「相手のことを考えずに自分勝手な行動しかとらない人」(30歳男性/人材派遣・人材紹介/営業職)

まわりの人がどう思っているかを考えずに自分勝手な行動ばかりという人は、女性だけでなく男性からも好意を持ってもらえなさそう。

女性にモテるためには、まず同性も認める「男らしい男」でいる必要もありそうですね。

(3)ナルシスト的な勘違い行為

・「常に髪の毛をいじっていること。人見知りが激しいこと。ナルシスト」(30歳男性/建設・土木/事務系専門職)

・「自分はモテると信じて疑わないこと。冷静に自分を見つめてほしいと思う」(34歳男性/小売店/販売職・サービス系)

自分はかっこいい、モテると思うのは勝手ですがナルシストっぽさが前面に出てしまうと女性には避けられそう。実際には、それほどでもないという場合は余計に痛い感じがしてしまいますよね。

モテない男診断

あなたの「モテない男度」を診断でチェック! あなたがもっとモテるためのヒントもお伝えします。

「一生モテない男」から「モテる男」になる方法

モテない男性は、思い込みが激しく自分勝手な行動を取りがちだと感じている人は男女ともに多いようですね。

人の気持ちを考えることができなければ、モテないのも納得。一緒にいても自分のことを大切にしてくれないなと思う男性には、女性も好意を持てるはずがありませんよね。

大事なことは、思いやりと気遣いです。

もちろん、異性にモテるためだけでなく人への気遣いは必要。それができていれば、モテない男性からモテる男性に変わることができるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数207件(25歳~35歳の働く未婚男性)、216件(25歳~35歳の働く未婚女性)

※この記事は2017年01月10日に公開されたものです

ファナティック (編集プロダクション)

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE