お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏が嫉妬しないのはなぜ? 嫉妬をしない男性心理とは

織田隼人(心理コーディネーター)

嫉妬しない彼氏の心理とは

意外なほどいることがわかった「嫉妬しない彼氏」。彼らはいったいどういう心理で嫉妬せずにいられるのか気になりますよね。もしかして、彼女に興味がない、愛していないということなのでしょうか? 織田さんに教えてもらいました。

嫉妬しない彼氏の心理

彼女を信頼している

彼女のことを信頼しているので、別にほかの男性が現れたところで問題がない、と考えて嫉妬しない男性も多いです。こういうタイプの男性はそもそも自分が浮気をしない傾向があるので「自分も浮気しないんだから、相手も浮気しないだろう」というように考えていることが多いです。しっかりと相手のことを信頼し、自分も制御している男性といえます。

お互いに自由行動を推奨している

ある意味放任主義、そして自分自身も自由にいたい、という男性に多いです。お互いに自由に過ごすのだから、それでよい、と考えていると嫉妬心も生まれづらくなります。男性自身も自由に過ごしているので「お互い様」と考えているケースです。お互いに束縛し合わないことでいい関係を保っているともいえます。

人間に対する興味が薄い

彼女に対する興味が薄いというか、そもそも人間に対する興味が薄い男性も嫉妬をあまりあまりしません。嫉妬するには人間観察をしっかりする必要がありますが、人間というモノに対する興味が薄いのであまり人を観察せず、人をあまり見ていないのでいろいろと「気づかない」のです。相手が彼女であっても「まあ、こういう人なんだろう」くらいに思って見ているので深い事情などを推測しません。その結果嫉妬をしない状態となります。

嫉妬しない=愛していない?

嫉妬をしていれば彼女のことを愛している、というのはある意味正しいのですが、嫉妬をしないから彼女を愛していない、と考えるのは誤りです。

愛情にはさまざまな種類があるので、嫉妬だけで愛情を量ることはできません。

友愛的な愛情が強い傾向の人もいれば、相手に尽くしたいという愛情が強い人もいます。相手を愛おしいと思う愛情の強い人もいれば、独占したいという愛情が強い人もいるのです。

嫉妬は「独占したいという愛情」が強い人に現れる傾向にあります。ほかの愛情がたくさんある人の場合は嫉妬心が薄いことも多いので、嫉妬されていないから愛情がない、と考えるのはやめておきましょう。むしろ独占したい思い以外の愛情がたくさんある状態で「よかった」と考えるのがいいかもしれません。

次ページ:彼氏に嫉妬させる方法

SHARE