お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

えっ、そこ!? 男子が教える「清楚な女性」の定義6つ

ファナティック

0135

とにかく男性ウケがいい清楚な女性。私たちが考える「清楚」と男性が考える「清楚」には何か違いがあるのでしょうか。働く男性に、男子目線での「清楚な女性」を定義してもらいました。

白い服が似合う

・「育ちが良くて、ファッションが白系でまとめられている」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「きれいな白い服がよく似合う女性」(37歳/建設・土木/技術職)

蛍光色などどぎつい色や、ダークな色合いの服よりも、明るくて清潔感のある白やパステル系の服が似合う女性は、服のセンスからも内面の柔らかさが見て取れますね。

笑顔を絶やさない

・「あいさつができて、明るく笑顔で接してくれるすてきな女性のこと。美しくて誰からも愛されそうな感じに見えて好きです」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「笑顔が美しい。誰に対しても優しい」(38歳/金融・証券/営業職)

どんなときでも基本は笑顔で対応するのも彼女たちの特徴です。間違っても眉間にしわを寄せて相手をにらむようなことはしないでしょう。

控えめな性格

・「恥じらいや控えめのさじ加減を知っている人」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「下ネタなどを話しているときに恥ずかしそうにしている」(37歳/情報・IT/技術職)

彼女たちは性格的には明るいけれど、どんな話にも乗るわけではありません。下ネタやうわさ話など、下世話な話は適度に聞き流すスキルも持ち合わせているようです。

言動が上品

・「そそとしている。決して大声で話すようなことはしない」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「言葉遣いがていねい。野蛮な振る舞いをしない」(31歳/機械・精密機器/技術職)

乱暴な言葉や行動は彼女たちには無縁です。遠くにいる人を呼ぶときでも自らが近くに行って呼びかけるなど、細かいところにもそそとした雰囲気を守る手法が施されています。

メイクは清潔感が第一

・「清潔感があること。ごてごてのネイルをしていない、目元の化粧が濃すぎないなど」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「清潔感のある雰囲気とメイクで、露出が少なく、少し流行を取り入れたようなファッションをしている」(34歳/学校・教育関連/専門職)

彼女たちはメイクやネイルなどで自分を過度に飾ることはしません。あくまでも自分の顔立ちや雰囲気を生かしたナチュラルなメイクやネイルでおしゃれを楽しんでいます。

髪は染めるべからず

・「黒髪のロングで姿勢がいいこと」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「まず黒い髪ね。眉毛はやや濃いめ。髪は長い」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

黒くてつやのあるきれいな髪は、彼女たちの武器と言ってもいいでしょう。過激な個性の主張はないものの、しっかりと手入れが行き届いた髪からは、そそとした雰囲気が伝わってきます。

まとめ

いかがでしたか? 男性が定義する清楚な女性は「流行に流されず、周囲の低俗な話に飲み込まれることもなく、いつでも穏やかな表情を浮かべている女性」のようですね。清楚な女性は同性から見ても憧れ。とりあえず髪を黒くすることからなら始められそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月9日~12月22日
調査人数:109人(22歳~34歳の男性)

※この記事は2017年01月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE