お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

イヤでもキュン! とくる男子からの「ラブLINE」6種類

ファナティック

%e5%a5%b3%e5%ad%90それほど興味のない男性からでも、積極的なお誘いがあると、つい相手を意識してしまうこともありますよね。連絡がマメなことも、気になる原因の一つとなりそうです。そこで女性に、キュン!とくる男性からのLINE・メールのメッセージについて、教えてもらいました。

■会いたいと言われる

・「会いたいというLINE。ストレートで、キュンとくる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「会いたいな、というメッセージ。好意があるのかと思うとキュンとするから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

ストレートに気持ちの伝わるメッセージは、やはりうれしいですよね。表情が分からないぶん、素直な表現がいいのかもしれませんね。

■体調が悪いとき

・「体調悪いときにすごく心配してくれたり、気を遣ってくれること」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「風邪ひいたときに『大丈夫?』とLINEくれるとうれしい」(33歳/生保・損保/専門職)

体調を崩しているときは、ちょっとした気遣いもうれしいですよね。大丈夫?と聞くのは、ちょっとしたことなのですが、聞かれる側は、気にしてもらっている感じが強くうれしいのではないでしょうか。

■気遣ってくれる

・「自分の状況にぴったり合った気遣いをしてくれること」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「私を気遣ってくれるメッセージ。好きな人からなら更にうれしい」(33歳/不動産/専門職)

普段のやりとりに、ちょっとした気遣いが含まれているとうれしいと感じる女性は多そうですね。何気ない感じが、よりうれしいのかもしれません。好意のある相手からなら、なおさらですよね。

■挨拶をくれる

・「おはようとか、おやすみとか簡単なあいさつ」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「おやすみ、とかわいいスタンプを送ってきたとき」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

おはようとか、おやすみといった挨拶であれば、メッセージでなく、スタンプでもいいですよね。簡単なものでも、1日の始まりや、終わりのLINEはうれしいようですね。

■かわいいスタンプを使う

・「ところどころでかわいいスタンプを送ってくるとき。女の子みたいだなと思ってしまう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「かわいい系の絵文字とかスタンプ」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

常にかわいいスタンプとなると、少し引いてしまうのかもしれません。ですが、ポイントでかわいいスタンプを使われると弱い。という女性は多いのかもしれませんね。

■ハートマークを使う

・「ハートマークかある。ハートがあるとうれしいから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「ハートの絵文字」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

女性ならハートマークを使うことも多いですよね。男性だとあまりなさそうです。その男性から、ハートマークが入ったメッセージが来ると、キュンとしてしまう女性は少なくなさそうですね。

■まとめ

LINEやメッセージだと、相手の表情から気持ちを読みとることもできないですよね。そのため、気持ちの伝わってくる内容のものは、単純にうれしいのかもしれません。また、ちょっとした気遣いなどもできていない男性が多いのか、あるとうれしいという女性は多いのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数82件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]