お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

うっざ! 「興味のない男性とのLINE」を終わらせるコツ・6つ

ファナティック

合コンのときに、その場のノリでとりあえず交換した男性のLINE。その男性にあまり興味がない場合、LINEのやり取り自体が面倒に思えてきますよね。そんな「興味のない男性とのLINE」を早く終わらせるコツとは? 女性たちに聞いてみました。

スマホを見て困惑する女性

■寝ることをアピールする

・「寝ると言って終わらせる。それが一番の止める方法なので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「おやすみのスタンプ。寝るからもう送ってこないでという意味だから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

「もう寝るね、おやすみ~」など、寝ることをアピールすると、それ以上会話が続かないのでよさそうですね。「おやすみ」のスタンプを送れば、やり取りがスムーズに終わりそうです。

■返事を遅らせる

・「意図的に返信を遅らせる。寝落ちして翌日返すを繰り返す」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「LINEを開かず、既読マークをつけない時間を長くする。返事が遅いのをアピールしたら、送ってこなくなったから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

わざと返事を遅らせて、徐々に男性との距離を置くというコツもあるようです。既読にしてしまうと返信を催促されそうですが、未読の時間が長ければ長いほど、相手も察してくれそうですね。

■返事をしない

・「返事をしない。会話をこっちで完結させる。質問などは厳禁」(28歳/建設・土木/技術職)

・「返事を送らないようにすること。そうすれば、興味がないんだなと気づいてもらえるから」(30歳/学校・教育関連/専門職)

「返事を遅らせる」のではなく「返事をしない」というコツもありました。短文でも返事があると、相手はやり取りを続けようとしますよね。返事をしなければ、自然と相手も遠ざかってくれそうです。

■反応に困るスタンプを送る

・「よく意味のわからないスタンプを送る」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「よくわからない感じのスタンプを送る。返信に困ると思うから」(33歳/不動産/専門職)

興味のない男性には意味がわからない感じのスタンプを送って、相手が返信に困るようにするという方法も。LINEのやり取りにはスタンプが欠かせませんが、このような使い方もあるんですね……勉強になります!

■自分から話題を振らない

・「質問にだけ答えて、自分からは話題を振らない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「相手のクエスチョンマークに対してしか答えない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

相手からの質問には答えても、決して自分からは話題を振らないようにする、という方法もありました。質問に答える文章が「うん」や「いいえ」などの短文だと、なおさら早くやり取りが終わりそうですね。

■既読スルーする

・「既読スルーする。愛想で続ける必要もないし、わかりやすいから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「既読スルーをする。相手もいつまでたっても返事がないと、興味がないんだなとわかると思うから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

究極のコツと言えそうなのが「既読スルー」です。未読スルーは「忙しいから読んでいないのかな」と思われる可能性がありますが、既読スルーの場合は「読んでいるけど興味がない」というアピールになるので、もっとも効果的かも?

■まとめ

興味のない男性とのLINEを早く終わらせるために、返事をしなかったり反応に困るようなスタンプを送ったりなど、いろいろと工夫している女性は多いようです。相手に期待させないためには、既読スルーするのもひとつの方法と言えそう。もし興味のない男性とのLINEで困っていたら、ぜひこれらのコツを使ってみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月6日~12月20日
調査人数:102人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]