お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

もはやホラー! 「女って怖い!!」と感じたエピソード・6選

ファナティック

af9940104407w

女子を敵に回すことほど怖いことはないですよね。特に女子はその裏を知っているからこそ「女の怖さ」がよくわかる気が!? そこで働く女子に「女子ってこわい!」と感じたエピソードを尋ねてみました。身の回りにこんな女子がいたら、守りをしっかり!

■表と裏の顔が違いすぎる

・「バイバイは笑顔でするけど、バイバイし終わった瞬間に一気に真顔になるとき」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「男性とすごい楽しく話してるのに内心相手の話に『はぁ?』ってずっと思ってたって暴露されたとき」(28歳/医療・福祉/専門職)

女子の怖いところは裏では違うことを思っているのに、表では全く別の表情が作れてしまうところ。笑顔な女子ほど「目が笑っているか」はしっかり見た方がいい!?

■お金がからむ情報の収集力がすごい

・「付き合っているだけなのに、彼氏の経済状況を結構把握している」(34歳/建設・土木/技術職)

・「両親より年上の旦那さんの遺産が入ったら若い男性と再婚するって聞いたとき」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

女子ほど堅実的な生き物はいない? どんなに彼氏に夢中な振りをしていても、裏では彼氏の経済力や資産の有無をしっかりチェックしててんびんにかけていることが……。

■目的のためなら嘘もいとわないところ

・「浮気相手が他人になりすまして自分にメールなど連絡をとってきたこと」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「誕生日を変えて色んな人から誕生日として祝ってもらっている人がいた」(26歳/医療・福祉/専門職)

目的のためなら、手段を選ばない女子も。「嘘をついてまでやりたいこと」が残念なことであればあるほど、その女子に底知れない闇を感じてしまいます。

■集団で連携して個人をいじめるところ

・「高校生のとき、二股かけてる男性がいた。二股かけられてた女子が、友だちを集めてその男性に土下座で謝罪させた現場を目撃しました」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「集団で連携して、個人を攻撃しているのを見ると、中学以降の面倒臭さを感じます」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

普段はそんなに仲が良くない癖に、目的が一致すると恐ろしい連携プレーを見せるのが女子。このあたりの人間関係の割り切り方は女子ならではですよね。

■情報収集力がすごすぎる

・「女友だちの前では相手が浮気しても許すって言ってたのに、実際は携帯を覗いたり相手を尾行したりしてた」(32歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「SNSを使って彼が今何してるとか逐一見て把握してる」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

また女子は観察眼が鋭いだけでなく、情報収集力も天下一品。彼氏が今どこで何をしているか位は、簡単に調査できてしまう!?

■気持ちが簡単にコロコロ変わる

・「さっきまで親しく話をしていた男がいなくなった後、『あいつまじキモいよね』と女子同士で話をしていたのを見たとき」(34歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「昨日まで大好きと言っていたのに、別れたとたんに死ねと言っている女子」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

好きと嫌いの壁が、かなり薄いのも女子の特徴。「この人しかいない」、「一生大好き」だと思っていた人が、一瞬で「二度と会いたくない人」に変わることもよくあります。

裏をよく知っているため、怖く感じてしまうのが上記女子の一面かもしれませんね。「女ほど敵に回したら怖いものはないな……」とゾッとする瞬間かも? 何はともあれ女子の友だちや同僚とは敵対関係になるのだけは避け、仲良く過ごすのが一番かもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数210件。25歳〜34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]