お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何言ってんの? 食事に誘っといてワリカンという男子に思うこと6つ!

ファナティック

%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%81%ab%e8%aa%98%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e3%83%af%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%9f自分から食事に誘っておきながら、食事のあとに平然とワリカンの金額を請求するような男性がいます。もしも、そのような形で食事代を請求されたら、どのように思うのか聞いてみました。

ワリカンでも全くおかしいと思うことはない

・「いや普通だと思う。ワリカンでよいと思う」(23歳/学校・教育関連/専門職)
・「どちらから誘ってもワリカンすることに対してあまり気にすることはない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「特に何も思わない。誘った方が出すという考え方は変だと思うから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

一緒に食事に行く際、おごってもらうという概念のない女性もいます。こうした女性の場合、ワリカンをするのが当たり前だと感じているので、ワリカンで請求されても何とも思わないようです。こうした回答はかなりたくさん見られましたね。

ワリカンでも構わないけど少しガッカリする

・「別にいいけどちょっとガッカリかな」(23歳/建設・土木/技術職)
・「『ワリカンなんだ』と少しガッカリする」(26歳/その他/事務系専門職)

お金を出すこと自体は当然だし問題はないけれど、おごってくれたらうれしかったのになとガッカリしてしまう女性もいます。誘われたら少しだけ期待してしまうという方もいるのでしょう。

特にどうってことはないけど次はない

・「『次、誘われても行かない』と思います」(30歳/小売店/販売職・サービス系)
・「まあ半分ならいいか……。でも、次はないなと思う」(31歳/その他/販売職・サービス系)

ワリカンということ自体には問題はないけれど、好意を持って誘ってくれたのなら、食事代くらいは出すという姿勢を見せてほしかったという女性もいるでしょう。とりあえず、ワリカンで支払うけど次回誘われても次はないなと考えると答えた女性もいました。

ケチな男性だなと思う

・「自分から誘っておいて、しかも男なのに多めに払ってくれないとか、ケチなのかなって思う」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「ケチだと思う、ワリカンなら先にいってほしい」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

誘った側で、かつそれが男性なら、多めに払ってくれてもいいのに、ケチな男性だな……と思う女性もいます。ワリカンを提案したことで、この女性のなかで彼のイメージは非常に低いものとなってしまっているのではないでしょうか?

彼氏候補としては見ることができなくなる

・「小さい男だと思うし、付き合ったりはできないと思う」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「付き合いたくなくなり引いてしまう」(24歳/医療・福祉/専門職)

食事だけならよくても、彼氏として付き合うならないな……と考える女性もいるようです。アプローチをしているつもりなら、おごるくらいの懐の広さを見せてほしいといったところなのかもしれませんね。

食事をする場所によって考え方が変わる

・「場所による。いいレストランなら最初くらいは払おうとしないのかな? 無理したならカジュアルなとこやカフェからでもいいのにと思う」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「平等に割るつもりだったなら、こっちにも食事の場所や食べるものの決定権をほしかった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ワリカンだからといっても変に思わないシチュエーションもあれば、ちょっとそれはないかもという考えを持つ可能性のあるシチュエーションもあるでしょう。このように、食事をする場所やケースによって考え方が異なると答えた方もいました。

まとめ

食事に誘ってくれた男性が、どういう関係でどのような距離にいるのかによって印象は大きく変わってくるようです。しかし、多くの女性は「ワリカンに抵抗がないので何も思わない。おごるといわれていたならうそつきだなと思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)というように、ワリカン自体に抵抗を感じていない方がほとんどのようですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数127件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年12月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE