お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男性が「絶対手に入れたい!」と思った女性にしかしないこと6つ

ファナティック

好きな人ができたときは、何としても振り向いてほしいと思うものですよね。手に入れることができるのなら、どんな手段を使ってもかまわないと思う人もいるのではないでしょうか。では、男性が「絶対に手に入れたい!」と思った女性にすることは、一体どんなことなのでしょう。彼らの本音をこっそり聞いてみました。

(1)猛アピールする

・「とにかく猛アピールする。無理なら諦める」(34歳/商社・卸/営業職)

・「モーレツアタック。まず連絡先を聞き取る」(38歳/機械・精密機器/技術職)

本気の相手であれば、これでもかというくらいの猛アピールをすることもあるのだとか。何としてでもとなると、なりふり構っていられないようですね。ウソのようなアピールも、本気の証です!

(2)とにかく話しかける

・「とにかく話したり、接触を持つ」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「なにかにつけて会話するようにする」(39歳/その他/事務系専門職)

コミュニケーションもまずは、「会話」から。会話がなければ、何もはじまらないですよね。気持ちがバレバレだとしても、とにかく話しかけて好きな女性との接点を持とうとがんばる男性も多いようです。

(3)プレゼントを贈る

・「プレゼント攻撃をしちゃうかも」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「サプライズでのプレゼント」(33歳/不動産/営業職)

プレゼントも特別な相手にしかしない男性が多数派なのかもしれません。特に自分のものにするまでは、かなり奮発しちゃうのかも? 絶対に手を入れたいと思った相手には、お金もしっかり使うのでしょう。

(4)まめに連絡をとる

・「まめに連絡をとってほかの男性を近づけさせない」(29歳/情報・IT/技術職)

・「まめに連絡をする。ほかにとられるから」(30歳/金融・証券/営業職)

常に連絡を取るよう努力する男性も。その時点では彼氏がいなくても、のんきにしていると、彼氏ができてしまうこともありますよね。あなたにこまめに連絡をくれる男性は、本気で好きでいてくれる可能性が高そうです。

(5)食事に誘う

・「何度も食事に誘い、おごる」(36歳/不動産/専門職)

・「飲みや食事など、デートに誘う。とにかく、自分のことを知ってもらうには、直接会っての方がいいと思うから」(39歳/機械・精密機器/技術職)

デートも食事くらいであれば、誘いやすいのかもしれません。「食事だけ」なら、女性もあまり警戒しないもの。そんな機会をうまく利用して、たくさん好きな女性に会うために行動する男性も。会えば会うほど気持ちは高まるものです。

(6)徹底リサーチする

・「情報収集をして、趣味や嗜好を探り出し、そこからアプローチする」(37歳/小売店/営業職)

・「相手の好みをリサーチし、デートに誘う」(37歳/学校・教育関連/その他)

相手の好みや嗜好を知ることも重要ですよね。会話をするにも、趣味や嗜好がわかっていれば、相手が喜んだり、盛り上がる話をすることもできますよね。あなたのことをよく知ろうとしてくれる男性こそを大切にするといいかもしれません。

<まとめ>

「どうしてもこの女性でなければ」と思わせる女性には、男性も手に入れるための必死な努力をしている様子。男性のこんな本気の一面が見れれば、女性としても気持ちが動いてしまうものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月18日~2016年11月21日
調査人数:385人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]