お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

それがモテ服? 男子が「痛々しい」と思う冬ファッション6つ

ファナティック

皆さんはこの冬、どんなファッションを楽しもうと考えていますか? 自分では冬ならではのファッションを楽しんでいるつもりでも、他人からは「痛々しい」と感じられることもあるようです。そんな残念な冬ファッションについて、働く男性の意見を聞いてみました。

■ブルブル震えてまで誘惑したいの?

・「やせ我慢してする露出の激しい服装」(38歳/小売店/営業職)

・「肌の露出をあえてしているファッション。見ているとこっちまで寒くなってくる」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

季節を問わず露出すれば男性が喜ぶと思ったら大間違い。寒さが厳しくなる季節は、自分が我慢すればいいというわけではなく、見る側にも寒々しい印象を与えないことも大切ですね。

■女性はオシャレのつもりでも……

・「スカートですかね。冬なのにスカートって寒いだろうってツッコミを入れたくなります」(23歳/建設・土木/技術職)

・「華美すぎるもの。超短いスカートなど見てる方が寒い」(30歳/医療・福祉/専門職)

スカートにコートのコーディネートは、同性が見てもかわいいですよね。好んでスカートをはく女性も多い一方で、男性は「なぜ寒くてもスカートをはくのだろう」と冷めた目で見る人もいるようです。

■暖かいのはわかるけど

・「やたらと毛皮だったり、もこもこしたパーツがついていて動きづらそうな厚着」(36歳/医薬品・化粧品/その他)

・「シベリアにでも住んでんのかというような毛皮のコート」(30歳/その他/販売職・サービス系)

全面毛皮のコートの暖かさはお墨付きですが、あまりにボリュームがありすぎると、北国のイメージが強くなってしまいます。街を歩くときには少し不向きかもしれません。

■季節感ゼロの服装

・「半袖や半パン、夏みたいな格好。本人は寒くないのかもしれないけど、見ているこっちが寒くなる」(25歳/機械・精密機器/技術職)

・「冬なのに真夏の格好は痛いと思う」(39歳/その他/その他)

こんな服装で外を歩いている姿を見たら、体温調節機能は大丈夫か不安になってしまいますよね。衣替えがなくてある意味うらやしいけれど、日本には季節があることを忘れないでほしいものです。

■機能性重視の結果

・「寒いからと言って腹巻きや毛糸パンツなどを履くこと」(39歳/自動車関連/技術職)

・「全身に起毛素材を着ているせいで、羊のようになっている服装」(23歳/その他/その他)

寒さをしのぐためにしては過剰に見える厚着。冷えを予防するためかもしれませんが、ファッション性がまったくないほど着こむのは家だけにしておいた方がよさそうです。

■熱いの? 寒いの? どっちなの?

・「モコモコしたコートの中身がノースリーブミニスカートの薄着状態だったらドン引きすると思います」(36歳/その他/その他)

・「ダウンやムートンを着ているのに、生足にスカートをはいている」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

コートを脱いだらびっくり! の意外性を意識しているのかもしれませんが、狙っている感じが男性からは不評のようです。インナーとアウターの統一感も大切ですね。

■まとめ

中には冬だからといってオシャレに妥協はしたくない! と考える人もいると思いますが、そこには人の目もあることを忘れてはいけません。見ている人に不快感を与えない冬ファッションを楽しみたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数195件(22歳~39歳の働く男性)

 

お役立ち情報[PR]