お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

ガクブル……「一生独身」だったら女子が一番イヤなこと・6つ

ファナティック

みなさんは「このまま一生独身かも」と考えたことがありますか? 結婚は縁のものとは言うものの、本当に自分に縁が訪れるのか不安になることもあるかもしれませんよね。そこで、今回はもし一生独身だとしたら「これがイヤ」だと思うことについて女性たちに聞いてみました。

■すべてを1人でしないといけない

・「将来のことを考えるとき。1人で介護してもらう施設を決めて、1人で契約して、なんなら1人で自分の墓を決めなきゃいけないのは悲しいです」(25歳/その他/その他)

・「死後の手続きや処理など、誰が対応するかわからないから迷惑がかかる」(31歳/食品・飲料/その他)

年を取ってから住む場所、入院する病院、死後の手続き。考えるだけでも憂うつになりそうな手続きもパートナーがいなければすべて自分でととのえることに。何もせずに残った親類などに迷惑をかけるわけにもいかず、悩むところですよね。

■経済的な負担

・「ずっと仕事して自分で生計を立てていかなければならないところ」(26歳/その他/営業職)

・「貯金がなければ自分で働き続けなければならないところ?」(25歳/情報・IT/営業職)

収入がいつまであるのか、今のペースで働き続けられるのか。現実的な収入面では1人でいることの不安は大きいもの。パートナーがいない場合、頼れるのはお金だけというのも悲しいけれど事実かもしれませんね。

■家庭を持たない孤独感

・「周りが幸せな家族を築けているのに、自分は1人で絆も子どものかわいさも知らないで死んでいくのか……怖い」(26歳/自動車関連/その他)

・「1人でいるときよりも、外出して家族連れを見たときダメージが大きそう」(25歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

幸せそうな家族を見たときに感じる孤独や疎外感。家庭を持たないという選択をしたとしても実際に温かい家庭を目にしたときには、少なからず後悔を覚えることもあるかもしれませんね。

■1人で過ごす寂しさ

・「将来が不安。仕事を引退してから毎日1人で過ごすのは寂しい」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「将来年取って仕事も引退して誰とも関わりがなくなったとき」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

年を取ってから悠々自適で過ごせるという自由さはあるものの、ふとした瞬間に寂しく思うこともありそう。1人でいる身軽さと家族と一緒に過ごす安心感。どちらにも良いところがあるけれど、寂しさだけは1人で埋めるのが難しいかも。

■周囲の視線

・「『あいつは結婚できない』といろんな臆測をされる、周りからの評判が1番イヤ」(27歳/情報・IT/営業職)

・「周りから、初めは『次は○○ちゃんだよ』と期待され、そのうち『まだ結婚しないの』と間接的に親から言われ、いずれ諦められる、という過程を経験していくこと」(31歳/医療・福祉/専門職)

結婚しないのではなく、結婚できない。まわりからそう思われることがツラいという人も。面と向かって言わないまでも「かわいそうな人」と思われていると想像するだけでイヤですよね。

■病気になったとき

・「病気になっても1人であること。弱っているときに1人なのは心細いし、病気に立ち向かうパワーもわかないと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「病気になっても死んでいくときも1人のとき」(31歳/その他/技術職)

病気のときは体だけでなく気力も弱ってしまいますよね。そんなときに支えてくれる家族がいない心細さを想像すると、独身でいることが不安になる女性も。健康でいることを心掛けるのが一番ですが、年を取ると気力だけではカバーしきれないことも多そうです。

■まとめ

一生独身でいるかもと考えただけで不安なことはたくさんあるという女性は多いようですね。もちろん、何でも1人でやろうと思うと大変なのは事実。でも、だからと言って結婚していればすべての不安が解消されるわけではないですよね。老後のことだけを考えて、結婚を焦ると結婚してから後悔することも少なくないかも。やはり、結婚は縁とタイミング。独身でいるのも結婚するのも、それぞれが人生の選択肢の一つということですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数209件(25歳~35歳の働く未婚女性)

お役立ち情報[PR]