お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ウゲェェェェ! 彼氏のお風呂の習慣で信じられなかったこと

ファナティック

彼とのお家デートで、生活習慣のちがいに驚く人も多いのではないでしょうか。特にお風呂の入り方は人それぞれにこだわりが強いところでもあるため、彼の習慣が理解できないこともあるでしょう。今回は働く女性に、理解できない彼のお風呂の習慣について聞いてみました。

■入る回数が多すぎる/少なすぎる

・「毎日入らないこと。毎日入るのがあたりまえだと思ってたから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「一回一回は短いけれど1日に何回も入る」(26歳/医療・福祉/専門職)

一般的には1日に一回だと思われているお風呂の回数。ですがその頻度があたりまえだとは思わないほうがいいかもしれません。彼には彼なりのサイクルがあるようです。

■石鹸ですべてを済ませる

・「顔を石鹸で洗っている。ガビガビになりそうでびっくりした」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「シャンプーがない。聞いたら体用ので洗っていた」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

1本の洗浄剤で全身洗う男性は意外にも多いのかも。まさに天性のミニマリストとも言うべきこの行動ですが、肌の健康状態は大丈夫なのでしょうか。

■朝風呂派と夜風呂派の埋まらない溝

・「朝お風呂に入るので夜はお風呂に入らないこと。お風呂って夜絶対に入るものだと思っていたから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「朝に入る。汗をかいた夜に入らないから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

夜風呂派は1日にかいた汗を流さないまま寝るのは汚いと言い、朝風呂派は寝汗をかいたまま1日をスタートさせるのは汚いと言う。正解がない問題ですね。

■予洗いの必要性

・「だいたい足を洗わないで湯舟に入ること」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

けっこうこだわる人が多い予洗いの問題です。一回ごとにお湯を落とすのか、一回ためたお湯に複数人入るのかでも、予洗いの必要性は変わってきますよね。

■不潔に感じるアイテム

・「お風呂で歯磨きする。お風呂に歯ブラシを置いておいたらなんか汚い気がする」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「カビの生えたくさい泡立てタオルで体を洗っていたこと」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

どこからが清潔でどこからが汚いのかは、それぞれの感覚になってしまうもの。ただ、さすがにカビたタオルは不潔なので、買い替えをすすめたほうがいいでしょう。

■掃除の仕方

・「風呂掃除が2週間に一回……。汚い」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「お風呂からあがるときに、壁や床をすべて拭くこと。たしかにカビ防止にはなるけど、『めんどくせ!』と思った」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

お風呂掃除は1日に一回、スポンジで洗って流して終わりという人にとっては、どちらのやり方も理解できないかもしれません。ですが彼らはそれで快適なバスタイムを楽しんでいるようです。

<まとめ>

育ってきた環境がちがえば、生活習慣がちがうことは当然です。それを否定すればケンカに発展してしまうことも。どちらが正しくてどちらがまちがっているということではないので、ある程度の妥協も必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月10日~2016年9月14日
調査人数:111人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]