お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「この人、嫉妬深いな」と思う男性の言動6つ

ファナティック

付き合ってみて初めて「彼氏の本性」に気付かされることも多いもの。特に束縛癖のひどい男性に出会ってしまったときは、「失敗した……!」と後悔しやすいですよね。そこで働く女性に「嫉妬深いな」と思った異性の言動を教えてもらいました。

LINEやSNSを勝手にのぞき見されたとき

・「LINEを勝手に見たり、どこにいるのか誰といるのか聞いてくるとき」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「恋人のInstagramやTwitterなどSNSを常にチェックして行動を監視している人」(25歳/商社・卸/営業職)

LINEやSNSをのぞき見されて、彼氏の束縛癖に気付いた女性も多いかもしれませんね。彼女のLINEやSNSなんて見ても、いいことなんてひとつもないのに!

昔のことをやけに細かく覚えている

・「一週間前のことを『そういえばさぁ……』と言ってくる人」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「昔の小さい嫌なことも細かく覚えている」(31歳/医療・福祉/専門職)

記憶力がいい男性は、なぜかネチネチ過去を責めてくることが……。しつこい性格ゆえに記憶力が良くなったのか、それともその逆なのか? 不思議です。

彼女の着る服装を制限してくる

・「彼女の服装指定をする男性。他の人に見せたくないからといって服装まで制限するのは嫉妬深い」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「携帯を勝手に見たり、少し露出のある服を着ていたら指摘してくる人」(34歳/小売店/その他)

他の男性の視線が気になるのはわかるけれど、「そんなに見られてないよ」と言いたくなることも。あまり服装を制限されると、かえって制限を破りたくなりそう?

他の異性と話していると、わかりやすく嫉妬する

・「他の男性の話をしただけで機嫌が悪くなる男性。彼女の口から他の男性の話が出るのはある程度は仕方ないのではないかと思う」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「たまたま居合わせた異性と話をしていると、無理やり割り込んでくる人」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

また服装と同様、制限されるとつらいのが人づきあい。「異性と話すな」なんて言われても、仕事しているとそういう訳にはいかないですよね。

過去の恋愛についてしつこく聞いてくる

・「過去の恋愛について詳しく聞いてくる。何人と付き合ったとか、何人とエッチしたとか」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

・「昔の恋人の事を根掘り葉掘り聞いてくる人」(30歳/小売店/事務系専門職)

「終わった話なんだから聞かないで!」と思いつつ、過去話から逃がしてくれないのが嫉妬深い彼氏。そこを掘り下げても出てくるのは「自分の嫉妬だけ」のような……。

わざわざ自爆してくる

・「『ナントカもお前のこと好きみたいだよ、良かったね。あいつイケメンだし』とか聞いてもないことをいやみったらしく言われたとき」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「『他の男と遊んでても別にいいけどね』とわざわざ言ってくる男」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

正直「面倒くさい」と思ってしまうのが、わざわざ他の男性を持ち出してきて自爆する彼氏かもしれませんね。こじらせ男子の取り扱いは大変です。

付き合ってから初めて彼氏の嫉妬深さに気付いて、後悔する女性も多そうですよね。束縛癖がひどい男性は、生活のQOLを下げてくるため付き合うのが大変に。こんな彼氏に「そんな心配は必要ない」とわかってもらうには、一体どうすれば!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数209件。25歳〜34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]