お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あっ、それダメです! 女性に「ウザい!」と思われる恋の駆け引き6パターン

ファナティック

誰かに好かれるのはうれしいけれど、アプローチの仕方が自分の趣味に合わず「ウザい!」と感じてしまうこともありますよね。そこで「正直ウザいと感じた、男性からの駆け引き」について働く女性に話を聞いてみました。こんなアプローチは空回りしやすいかも?

すぐにすねる彼氏の駆け引きは面倒くさい

・「俺が我慢すればいいだけと何度も繰り返す。謝ってもどんなところが悪かったかと聞いても我慢すると言う」(25歳/その他/その他)

・「距離を置きたいと言ってこられたとき。ちょうどこちらも嫌気が差していたのでオッケーしたら逆ギレされた」(33歳/通信/事務系専門職)

自信がないのか、愛を感じてもらえずすぐすねる彼氏も、対処するのが面倒になりがちに。きちんと愛を注いでいるのに、それを感じてもらえないなんて悲しい!

わざと返信を遅らせてくるとき

・「LINEの返事がこちらの返事するまでに要した時間とほぼほぼ同じぐらいまで引き延ばされているとき」(27歳/その他/その他)

・「こっちがマメに返信してると安心してか既読スルーや放置、ドタキャン当たり前だけど、気がないふりをすると返信を催促したり、怒ってくる」(26歳/その他/販売職・サービス系)

一度好きになれば返信速度位のことで気持ちは変わらないのに、わざと調整してくると「あざとさ」が見え隠れするもの。女性もやりがちなテクだけに気を付けたい?

発言を誘導してくる人はウザい

・「俺のことどう思ってる?とかこっちに好きと言わせようとすること」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「俺のこと好きでしょという駆け引きが面倒」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

気持ちを逆なでして、面倒に感じがちなのが発言を誘導してくる内容。駆け引きでいい展開に持っていこうとする、そのあざとさが鼻についてしまいます。

下心見え見えの駆け引きは嫌い!

・「飲みの帰り、トイレを貸してほしいと家に入りたそうにしてきたとき」(28歳/金融・証券/営業職)

・「私の家でデートしたかったらしく、家族のいない時間を狙って連絡してきたことが何度も続いた」(29歳/その他/販売職・サービス系)

カラダ目的での駆け引きも、女性がドン引きしやすい駆け引きかもしれませんね。下心が見え見えなときも駆け引きがあざとく見えがちに。

追いかけられすぎるアプローチはしんどい!

・「休みをわざわざ合わせてきたり休憩時間合わせて来て先回りされて偶然を装わせて、ここまで会えるのって奇跡だよねと神がかったことをされた」(28歳/その他/販売職・サービス系)

・「やっぱり追いかけられすぎるとどんな相手でもしんどい」(34歳/その他/技術職)

駆け引きは押して引くのがルールなのに、押してばかりだとさすがに「ウザい!」と感じられてしまうことが……。たまには引くことも覚えてほしい?

上から目線の駆け引きはウザいだけ

・「『君が会いたいなら会ってあげてもいいけど』等、常に上から目線の駆け引き。別に会いたくないけど。って思う」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「好きなんだアピールが凄くて、『俺が認めたのは君と元カノくらいだから、もっと自信持って!』と謎な上から目線で言われたことがある」(25歳/商社・卸/営業職)

上から目線の駆け引きは「何さまのつもりだ」なんて、女性から引かれやすいことが。人の心をコントロールしたいなら、せめて謙虚さを持ってやってほしいですよね。

誰かに好かれることはいつでもうれしいし、自分のことを好きになってくれるなんて「貴重な相手」だとも思うけれど、正直それがウザく感じてしまうこともありますよね。お互いの「好きレベル」が一致しないと、恋愛でいい駆け引きをするのは難しい?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人女性)

※この記事は2016年11月22日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE