お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

相性サイアク!! これまでで一番気持ち悪かったキスのエピソード10

ファナティック

唇と唇が触れ合う瞬間は、ビビッとくる刺激的な瞬間。だからこそキスの相性が悪すぎると、背筋がゾッとするような二度と思い出したくなくなる瞬間に……。そこで「これまでで一番最悪だったキス」とはどんなものだったか、働く女性の意見を聞いてみましょう。

ロマンチックなムードが台無しの痛すぎるキス

・「帰り際のキスで相手の帽子のツバが目に直撃したこと……。すごく痛かった」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ベロがちぎれそうになるくらい吸われた」(31歳/医療・福祉/専門職)

いきおいあまって前歯がぶつかる位は多少想定できますが、予想外の痛みに襲われるキスは頭がパニックになってしまいますよね。違う意味で衝撃が強く、忘れられない!?

デリカシーなさすぎな人とのキス

・「『口腔内が荒れてるニオイがする』と面と向かって言われたキス」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「自分とのキスのエピソードを、共通の知り合いに詳しく話していたこと」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

確かにパーフェクトなキスじゃなかったけれど、「そこまで言う!?」なんてデリカシーなさすぎな言動をする男性も。その軽率な言動が原因で、女性に振られることも多そうですよね。

その一言でさらに最悪な思い出に

・「好きでも付き合ってもいない人からキスされそうになって、避けたら、自分がキスしようとしたことを誰にも言わないでほしいと懇願された」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「観覧車の中で無理やりされた。しかも、舌を入れられた。それを後にとがめたら、『オマエが舌を入れてきたんだろ』の一点張り。殺意がわきました」(27歳/その他/事務系専門職)

キス事態も最悪なのに、ダメ押しとばかりに最悪な言動をぶつけてくる男性も! ひとりよがりなキスほど、思い出したくなくなる「嫌な思い出」になりやすいですよね。

人に目撃されながらのキス

・「キスをしているときに建物の警備員が来て怒られたこと」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「公園で目の前に人がいるところでのキス」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

街でカップルがキスしているのを見るのは、正直不快なもの。ただ当のカップルも正直不快な思いをしていることが? 公衆の面前でするキスは、誰も得しない行為かもしれません。

自分の気持ちを完全無視なキス

・「母親が倒れたとの知らせがあり、結局大丈夫だったのだが、かけつけてくれた彼がキス→セックスで慰めようとしてきたこと。そんな心情ではない」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「したくないときに無理やり。腹が立ったので怒ったらヘラヘラしていたのが最もむかついた」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

キスはその行為がステキなのではなく、2人の気持ちがぴったり寄り添うところがステキな行為。相手の気持ちをないがしろにしてくるキスは、単なる自分勝手な行為でしかない?

期待してしまうからこそ、思ったものと違うとガッカリしやすいのがキス。特に自分勝手なキスほど、最悪な思い出に変わりやすいですよね。特別なものにしようと意気込む気持ちはうれしいけれど、普通にキスしてくれた方がキュンとするかも?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数204件(25歳〜34歳の未婚の社会人女性)

※この記事は2016年11月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE