お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドライブデートで渋滞中、女子が「彼にお願いしたい」気遣い6つ

ファナティック

長距離へのドライブデートなどでは、渋滞などもつきものです。なかなか前へと進まない状況にイライラしてしまうことも少なくありません。そんな退屈でツライ渋滞時、異性にしてほしい気遣いについて、女性に聞いてみました。

イライラした態度はできれば見せないで

・「あまりイライラせず、大らかな気持ちでいてくれるだけで助かります」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「進まないことにイライラしないこと。イライラは伝染する」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

渋滞にはまってしまうと、なかなかスムーズに進めなくなるため、イライラしてしまう人も少なくありません。気持ちはわかりますが、そこはぐっとおさえて気分を変えてほしいなと思いますよね。

トイレに行きたくないか相手から聞いてほしい

・「トイレに行けるときに声をかけてほしい。サービスエリアに寄れたら寄りたい」(23歳/学校・教育関連/専門職)

・「トイレ休憩のタイミングを聞いてほしい。渋滞でイライラしてそうだと言い出しにくいから」(28歳/その他/その他)

次、どれくらいのタイミングで休憩が取れるかわからないため、トイレに行きたくても行きたいと口に出せない人も多いのではないでしょうか? そんなとき、さりげなくトイレは大丈夫か聞いてくれるだけでも気持ちがぐっと安らぎますね。

会話で楽しませてほしい

・「他愛もないことでいいからいろんな話をしてほしい。渋滞もたくさん話していれば、すぐに抜けられた気がします」(24歳/その他/その他)

・「理想としては、共通の話題でおしゃべりしたら暇がつぶせていいと思います」(22歳/その他/販売職・サービス系)

渋滞のときこそ、他愛のない会話などでその場を楽しいものにしてほしいものです。会話に夢中になっていれば、渋滞の時間だってきっとあっという間でしょう。

体勢のつらさや体調などを気にかけてほしい

・「体痛くない?など体調の心配をしてほしい」(25歳/その他/その他)

・「ずっと同じ体勢でいるからしんどくないかを聞いてほしい」(22歳/その他/販売職・サービス系)

長時間車内で動けない状況でいると、腰や背中が痛くなってしまうものです。運転手はもちろん助手席に乗っている場合でも、つらい状況ですので、一言でも気にかけてもらえるとうれしいですよね。

眠くならないよう工夫してほしい

・「眠くなってくると思うので、音楽かけるなり、話しかけるなり、沈黙が続かないようにする」(24歳/情報・IT/技術職)

・「眠くならないように会話で楽しませてほしい」(37歳/その他/その他)

渋滞にはまると、いつも以上に睡魔に襲われることがあります。運転している場合ですと、余計につらいものですよね。そんなときは、眠くならないよう会話など工夫をしてくれるとありがたいですよね。

飲み物や食べ物を渡すなど思いやりある対応

・「運転変わろうか? とか。飲み物とかお菓子を渡してくれたりとか」(35歳/その他/事務系専門職)

・「逆に飲み物を渡すなど気遣いをしたい」(35歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

運転をしている人に対して、思いやりや小さな気遣いをするなどの対応をしてくれるとうれしいものです。声掛けだけでも大きく違いますので、ぜひとも思いやりのある対応をしてほしいものですね。

まとめ

ドライブ中の渋滞は、自由が利かず密室度も高いことから、いつも以上にイライラしてしまいがちです。こんなときこそ、同乗者の気遣いや思いやりの心が大切なのではないでしょうか? 眠気を飛ばす楽しい会話などで盛り上げていけば、きっと渋滞の時間もあっという間に過ぎて、思い出に残るドライブデートにすることも可能なのではないでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~39歳の働く女性)

 

※この記事は2016年11月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE