お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「俺のこと好きじゃないんだな……」とガッカリしちゃう女子の言動・6つ

ファナティック

気になる異性がいたとしても、相手が自分のことをどう思っているかはわからないもの。相手の対応を見て、判断している人も多いかもしれませんね。では、男性はどんなときに「俺のこと好きじゃないんだろうな」と思ってしまうのでしょう。働く男性たちの本音を聞いてみました。

1.目を合わさない

・「話をしていても目を見て話さない」(39歳/その他/営業職)

・「あまり目を合わせてくれない人」(28歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

相手が目を合わさない場合、自分のことは好きじゃないと判断する男性も多いようです。とはいえ、もしかして、相手がシャイなだけのことも考えられますよね。女性にとっては気になるからこそ、目を見られなくなることだってあります……。

2.興味がなさそう

・「こちらが話題をふっても興味を示してくれない」(39歳/金融・証券/事務系専門職)

・「こちらの相談をしているときに、関心がないような顔をされたら興味がないんだろうなとわかる」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

話をしていても、明らかに食いつきが悪ければ、自分に興味がないと思いますよね。何を話してもうわの空の場合も、同じかもしれませんね。

3.そっけない

・「会話がそっけない、塩対応されてしまう」(26歳/情報・IT/営業職)

・「会話を長続きさせる気がないそっけない態度。はい、いいえで会話を切る」(38歳/医療・福祉/営業職)

話しかけても返事がそっけなかったり、返事が冷たかったりすると、自分に気がないと言えるかもしれません。好きな相手であれば、そんな態度をすることはありませんものね。「興味がない」ことの表れと言えそうです。

4.言葉がきつい

・「言い方がきつく、こちらの声かけに対してもひと言で返してしまうほど興味なさそうな素振りをしている」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「言葉がきつい女性は基本無理だと思う」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

言葉遣いがきつすぎる相手だと、お世辞にも自分を好きだとは考えにくいかもしれませんね。自分のことを好きだったらやさしく接してくれるだろう、と男性は思うようです。「ツンデレ」の可能性もあるかも!?

5.ツンケンする

・「ツンケンした態度をとり、あまりコミュニケーションをとってくれない人」(30歳/情報・IT/その他)

・「つれない態度をとり続ける人を見たら、脈ナシと思う」(39歳/学校・教育関連/専門職)

自分に対してツンケンした態度をとるのは、それほど好かれていない証拠かもしれません。相手にどう思われてもいいからこそ、こんな態度で接してしまうのかも……。積極的にコミュニケーションをとりたがらない様子からも、男性は脈ナシだと判断するようです。

6.塩対応

・「自分が話しかけても、心ここにあらず状態で、応答が適当な女性」(34歳/電機/技術職)

・「冷たい反応をする。いつもスマホをいじっている。会話をしようとしない」(39歳/自動車関連/技術職)

話しかけても対応が冷たいと、自分を好きとは思いにくいですよね。どうでもいい感を出されてしまうと、正直ガッカリしてしまうのが男性の本音。声をかける勇気すらなくなってしまいそうです。

<まとめ>

なんとも思っていない相手から冷たい対応をされても、それほど気にすることはありませんが、好きな相手からだとショックを受けますよね。とはいえ、相手の性格によっても、対応の仕方に差があるもの。好きな男性の前で恥ずかしさのあまりこんな態度をとっていると、「俺のこと好きじゃないんだな……」とガッカリされてしまいますよ!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~2016年10月7日
調査人数:328人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE