お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女と一緒に寝るとき、男性が「触ってほしい」パーツとは?

ファナティック

人と一緒に寝るときには、ひとりのときに得られない温もりを感じながら眠りたいもの。体にやさしく触れられると安心してぐっすりと眠ることもできそうですよね。今回は、彼女と一緒に寝るのなら体のどこに触っていてほしいのか、男性たちに聞いてみました。

・「腕枕をしている腕をぎゅっとしてほしい」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「肩、腕など。ちょっと触れられるくらい。眠りの妨げにならない程度で」(25歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

男性に腕枕されながら寝るのは安心できますよね。その腕にぎゅっとしがみつくように眠る彼女を見ていると、男性としても安心できるようです。あまり、体を触られたくない男性も腕くらいなら許容範囲ということは多そうです。

・「胸に抱き着いてほしい。今以上に親密になれそうなので、そう思う」(28歳/その他/その他)

・「胸に手を添えていてほしいと思う。安心する」(38歳/建設・土木/技術職)

胸板の厚い男性に男らしさを感じる女性も多いでしょうが、寝るときにもそれをじっくり味わいたいもの。男性としても彼女が胸の中にいる状態というのは、お互いの絆が深まったような気になれるのかもしれませんね。

・「手を握ってほしい。あんまりくっつかれると眠れない」(36歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「体調が悪いときなど、そっと手を握っていてほしい」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

ぎゅっと手を握られるというのは、触れている部分の大きさ以上に相手の存在を感じられそう。手の先というのは思った以上に神経が敏感な部分なので、手をつないでいるだけでも相手の気持ちが伝わってきそうですよね。

背中

・「背中ですね。一緒に寝ていて信頼されていると思う」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

・「背中。ぎゅっと抱きしめてほしい。日ごろ、なかなか長時間、抱きしめ合う時間がないから」(32歳/情報・IT/技術職)

寝るときには、背中から彼女に抱きついてもらうのが理想的だという男性もいるようです。いつもは自分が彼女を「抱く」感じなのに、背中からだと「抱かれる」感じになるのが新鮮でいいということでしょうか。

どこでも

・「どこか触れていたら存在を感じるのでいい」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「特に希望はないので、どこでも触ってくれればいいと思う」(30歳/機械・精密機器/技術職)

彼女が触ってくれるのならどこでもOK。ずっと隣にいてくれるということがわかるのなら、体のどこでも彼女の好きなところを触ってくれればいいという男性も。人に触れられてもあまり気にしないタイプの男性には思いっきり抱きついて眠ることもできそうですね。

まとめ

寝るときもずっと彼女の温もりを感じるために、男性が触っていてほしいと思う場所は様々。もちろん、中には触れられていると寝づらいという人もいるので、そういう彼には気遣いも必要ですよね。でも、触られているほうも触っているほうも安らぎを感じながら寝られるパーツがあるのなら、ぜひ触れてみては? みなさんも、彼に触ってもらいたい場所があれば、彼の手をそっとそこに誘導してみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月8日〜11月10日
調査人数:324人(22歳〜39歳の働く男性)

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE