お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ぶっちゃけ、彼女より男友だちと遊んでたいと思う理由6つ

ファナティック

チル恋人のいない独り身よりは、あたためあうことができる恋人がいたほうがいいと思うもの。とはいえ、毎日のようにべったりしていると、たまには息抜きしたくなりますよね。男性がパートナーより、男友だちと一緒にいるほうが楽だなと感じる瞬間はどんなときなのでしょう。

ゲームするとき

・「ゲームとかするときですね」(30歳/その他/その他)

・「ゲーム等をしてるときは話が通じる男性がいい。デリカシーのない嫌われそうな事とかを彼女の前だと言えないジレンマもない」(24歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

ゲームをするときは、男友だちのほうが盛り上がるという男性も多いようです。一緒に楽しんでくれる彼女がいるとしても、突っ込んだ会話になってくると、男性のほうが詳しいことが多いですものね。

飲みにいってるとき

・「飲み会のとき。女性をおだてたり構ってあげたり、チヤホヤせず気楽に飲める。それに男性同士だと割り勘にしたり、おごらないですむ。今日は俺がおごるから、次はお前がおごれよというようなどんぶり勘定が大好きです」(35歳/その他/その他)

・「飲みに行ってはめをはずせるとき」(38歳/機械・精密機器/技術職)

飲みに行くときは、男友だちとのほうが楽しいと思えるのかもしれませんね。女性がいると、何かと気を遣うことも多く、気が抜けないのかもしれませんね。

下ネタを言うとき

・「男性しかいないときは下ネタを連呼しても問題ないところ。女性に対して下ネタを発言して引かれても困るし、ノリノリで盛り上がっても困っちゃう」(36歳/医薬品・化粧品/その他)

・「やはり下ネタを言えるか、言えないかだと思う」(39歳/その他/その他)

会話の途中に下ネタが出てくると、さすがに女性は嫌うもの。男友だちとだと、気兼ねなしに下ネタで盛り上がることもできるのではないでしょうか。

気を遣わなくていいとき

・「気を遣わないでいいとき。格好や身だしなみ、トークなど、赤裸々にできるから」(29歳/医療・福祉/その他)

・「気を遣わなくてよい、自分から率先して行動しなくてよいとき」(36歳/人材派遣・人材紹介/その他)

男性同士でいるときのほうが、何かと気を遣うこともなく、気楽に楽しめるかもしれませんね。女性がいることで、男性らしくしなくてはと思うこともありそうですね。

趣味を楽しんでいるとき

・「趣味に時間を費やしているとき」(38歳/運輸・倉庫/技術職)

・「趣味について語るとき」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

趣味を楽しんでいるときは、男友だちのほうが楽しめるという男性も多いのでは。趣味にはとことん掘り下げて話をしたい男性にとっては、男友だちのほうがマニアックな会話で楽しめるかもしれませんね。

何でも話せるとき

・「男性同士のほうが何でも話せる」(34歳/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)

・「男友だちのほうが、見栄を張らず気さくに話せる。女性は信用できない」(26歳/医療・福祉/専門職)

あまり気を遣うことなく、何でも話をできるのが男友だちかもしれませんね。お互い気心が知れている相手だと、かっこつける必要もありませんものね。

まとめ

遊ぶときや自分の趣味にのめり込みたいと思うときは、彼女よりも男友だちと過ごしたいと思えるのでは。彼女が一緒になって楽しむほうがよさそうにも思えるのですが、一緒だと息抜きができないと思われるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数366件(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE