お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子が不快に思う「職場の女子の攻めた服装」6パターン

ファナティック

しごとファッションを楽しむのは自由ですが、やはり職場は働くところなので、それにふさわしい服装をすべきですよね。しかし女性の中には職場にも少しセクシーな格好を、また男性の気を惹こうとするファッションを選ぶ人もいます。男性から見て「職場に来てくるには、色気があるすぎなんじゃない?」と思う服装にはどんなものがあるのかアンケートしてみました。

スカートのデザインがセクシー

・「スカートの丈が短いとき、う~んと考える」(39歳/金融・証券/営業職)

・「スカートの丈が短く、股のライン、お尻のラインがきれいに見えるスカートのとき、色気がありすぎるなと思います」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「パンティのラインが見えてるスカート」(39歳/自動車関連/クリエイティブ職)

ピッタリしたスカートや、短いスカートは男性から見ても職場にはふさわしくないと感じるようですね。特に座ったり、かがんだりすると余計にセクシーに見えるので気をつけましょう。

スカートのデザインがセクシー

・「網タイツ。その場にふさわしくない」(34歳/建設・土木/技術)

・「柄入りのストッキング」(23歳/その他/その他)

足に自信がある人、足でセクシーさを出したいということで網タイツを履くのかもしれませんが、女性からしてもやはり職場に履いていくのはあまりおすすめできませんよね。男性かもあまり評価は高くないようです。

胸元が見える服

・「胸元が広い服装。品がない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)」

・「胸を強調したファッション」(38歳/その他/その他)

・「胸が大きく空いた、勝負服であろうコーディネート」(34歳/その他/その他)

どれだけ仕事に集中しようとしても、胸がはだけているファッションは男性にとっても仕事の妨害になってしまうかもしれません。仕事する際には胸元はちゃんと隠したほうが好印象です。

肌の露出が多いファッション

・「キャミソール。けっこう肌の露出多い」(37歳/その他/事務系専門職)

・「キャミソールっぽい服を着てくる」(39歳/電機/その他)

職場にキャミソールを着ていく女子がいることに驚きですが、男性もそんな女性には困るようですね。肌の露出が多いとセクシーではありますが、仕事の際はセクシーさはしまっておきましょう。

肩が出すぎている服装

・「ノースリーブシャツは目のやり場に困るのでやめてほしい」(39歳/その他/営業職)

・「肩の肌が露出しすぎている」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

飲み会や合コンで肩を出している女性はセクシーで男性の視線をくぎ付けにしますが、職場ではやはり目のやり場に困ってしまうようです。男性が仕事に集中できるためにも余り方を出さないようにしましょう。

パンツのファッションにも注意

・「ローライズジーンズ」(38歳/その他/専門職)

・「ぴちぴちのズボン」(29歳/その他/その他)

普段は肌は隠れていたとしても何かしらの拍子に下着やお腹や背中が見えたり、ラインがはっきりわかるようなスキニーやレギンスといったものは職場には合わないかもしれませんね。

まとめ

男性が職場には色気がありすぎて困る服装は、女性でも常識があればだいたい回避できるのではないでしょうか。男性も職場では女性のファッションではなくて一生懸命仕事をしている姿だったり性格だったりに注意を向けがちなので、むしろ清楚な格好をしてオフのときに少し色気のある服装で会ったりするほうが効果的ではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数387件(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2016年11月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE