お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「バツイチ男性」との恋愛はあり? 約4割の女性が「あり」!

ファナティック

離婚率の上昇に伴い、増加しているのが「バツイチ男性」の存在です。あの人のこと、なんとなく気になるな~と思っていたら、実はバツイチ男性だった! なんてこともありそうですよね。ではあなたは、そんなバツイチ男性との恋愛に対して、どんな風に感じていますか? ぶっちゃけあり? それともなし? 20代から30代前半の働く女性たちの本音を聞いちゃいました。

Q.あなたは、バツイチ男性との恋愛について、どう思いますか?

「あり」……42.1%
「なし」……57.9%

「あり」と答えた方が約4割、「なし」と答えた方が約6割ということがわかりました。それぞれの理由についても詳しく見ていきましょう。

<バツイチ男性との恋愛は「あり」と考える女性の意見>

■過去は関係ありません!

・「好きになった人がバツイチだったら仕方ないと思うし、関係ないと思うと思う」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「いい年なのに結婚したことがない人より、バツイチのほうがいい」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

たとえバツイチであっても、過去は過去。思い返してみれば……「結婚歴がないだけで、自分にもいろいろ経験がある」なんて女性も多いのではないでしょうか。また、ある程度の年齢で結婚暦がない人よりも、バツイチのほうがいいという声も。

■ただし、条件も……

・「子どもがいなければありだとは思うので」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「養育費を払っていたら気になるけど、バツイチだけなら何も気にならない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「あり」だけど……「正直、子どもの存在は重い」という、赤裸々な本音もチラホラありました。「子ども」とはかけがえのない存在で、元夫婦を結びつける絆のようなもの。子どもの金銭面も含めて受け入れるとなると……かなりの度量が必要となりそうです。

■バツイチ同士!

・「自分もバツイチだから。なんとも思わない」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「自分がバツイチだから。理由による」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

バツイチ男性が増えているということは、同じ数だけバツイチ女性が増えているということ。バツがついたもの同士で、理解し合えることもあるでしょう。失敗を糧に、よりよい関係を築けるのかもしれませんね。

では次に、多数派意見も紹介します。

<バツイチ男性との恋愛は「なし」と考える女性の意見>

■別れた原因が気になる

・「バツがある人はなにか原因があるんだろうなって思えてしまうから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「別れた原因が、その人の欠点だから、また二の舞になりたくないから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

離婚歴があるということは、何か「離婚に至った原因」があるはず。それが自分にとっても繰り返されたら……と考えると足踏みしてしまうようです。

■20代だから、なし

・「まだ20代なのでバツイチはない」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「自分がかなり年をとってからだったら考えるけどまだ若いから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

特に20代の女性にとっては、「わざわざバツイチを選ばなくても……」という状況だと言えそう。かなり魅力的なバツイチ男性が現れても、「まだきっと次がある」と思ってしまいます。

■まわりに理解が得られるか心配

・「絶対無理。親にこれ以上心配をかけたくないから。面倒な人はごめんである」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚に踏み切るときにバツが付いていると躊躇しそうだから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「まわりからの印象がよくないから」(25歳/その他/専門職)

「結婚」を見据えた恋愛なら特に! 「自分さえよければOK」とはいかないでしょう。バツイチ男性を紹介したときの、周囲の反応……。嫌でも想像してしまいますよね。大人になればなるほど、周囲への配慮も身についてくるもの。アレコレ考え、難しくなるのかもしれません。

まとめ

バツイチ男性との恋愛について、あなたはどう考えますか? いつどこでバツイチ男性と出会い、思わずドキッとしてしまうかもわかりませんから、自分自身のスタンスについて一度考えておくのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月4日~11月15日
調査人数:107人(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE