お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 妊娠・出産

【妊娠出産のウソ&ホント】「完全母乳」にすれば痩せるってホント?

尾西芳子

将来妊娠したい、したくないに関わらず、妊娠・出産は未知の世界。出産未経験の女性たちが感じている妊娠・出産にまつわる素朴なギモンについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生がわかりやすく教えてくれます。ウソかホントかわからない情報に惑わされずに、正しい知識を身につけましょう!

「完全母乳で赤ちゃんを育てていたら、どんどん痩せて、妊娠前よりも体重が減った」という先輩ママの体験談を聞いたことがある人は少なくないはず。だけど、「完全母乳だと食欲が出すぎて逆に体重が増えた」いう人も。本当のところはどうなのでしょうか。そこで今回は、そんな完全母乳にまつわるウソ&ホントに迫りました!

■本日の「ソボクな疑問」

Q.「完全母乳」にすれば痩せるってホント?

<読者の声>

・母乳は出せば出すほどダイエットになると思う。(26歳/医療・福祉/専門職)
・夜泣きのたびに飲ませなきゃいけなくなるので、寝不足になって痩せそう。(26歳/情報・IT/事務系専門職)
・母乳をやっていたら出産前よりも痩せたという話を聞いたことがある。母乳でなかったら、そのままの体重もしくは太ったままなのかと思うと不安。(27歳/医療・福祉/専門職)
・健康な母乳を出すにはそれなりに母も栄養を取る必要があるので、必ずしもダイエットできるとは限らない。(33歳/生保・損保/事務系専門職)

■尾西先生のアンサーは!?

答えは……
ホントです!

母乳を作るのに1日500~800kcalが余分に消費されているため、同じ食事量であれば、ダイエットにはなります。ただし、完全母乳の人はおなかがすくので、食欲に任せてどんどん食べていると、ダイエットにはなりません。

また、2~3歳になるまで母乳を飲ませ続けたからといって、その間、ずっと体重が減るかといえば、そんなことはありません。赤ちゃんも1歳くらいになり栄養を食事からとるようになれば、母乳からの栄養は必要なくなってしまうので、その時点でカロリーもそこまで消費しなくなります。恐らく、量もそんなに出なくなっているはずです。

「母乳でなければ太ったままなのか」と心配されている方もいるようですが、そんなことはないので過度な心配は不要です。というのも、まず妊娠中は赤ちゃんの体重3kgに加え、羊水・胎盤で1kg、子宮や乳房、血液などの増加で3~4kg、合計7~8kgは増えると言われています。そして出産すれば、赤ちゃん、羊水・胎盤は体の外に出ますし、産後は妊娠中に増加した血液や子宮が元に戻っていく時期ですから、自然と体重は落ちていきます。たしかに母乳育児のほうが、消費カロリーは多いので体重減少は大きいですが、赤ちゃんのお世話だけでもかなりエネルギーを使うので、ミルクで育てる人も安心してください。

「夜泣きのたびに飲ませなきゃいけなくなるので、寝不足になって痩せそう」という声もありますが、寝不足だから痩せるというわけではありません。ただ、前述したように、赤ちゃんのお世話は肉体的にも疲れるので、太りにくくなるという側面はあるかもしれませんね。

最後に、「健康な母乳を出すにはそれなりに母も栄養を取る必要がある」というのはその通りで、食事制限などのダイエットは禁物です。しかし、冒頭でも触れましたが、母乳を作るエネルギーよりも摂取カロリーが上まわってしまうと痩せることはできません。将来子育てをするときは、食事はしっかりとりつつも、間食は控える努力をしましょう。

(監修:尾西芳子、取材・文:ヨダヒロコ、撮影:masaco)

※次回の更新は11月19日(土)です。お楽しみに!