お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ふざけんなよっ! 男性が、彼女に「だまされた!」と感じた瞬間・6選

ファナティック

付き合う前は誰もが自分を少しでもよく見せよう、相手に好感を持ってもらおうとがんばるもの。でも、そこでがんばり過ぎると素のままの自分を見せたときに「だまされた!」と思われることもあるようです。今回は、男性が彼女にだまされたと感じた瞬間について聞いてみました。

胸が小さかった

・「胸が大きいと思っていたら、ブラで盛っているだけだった」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「服を脱いだら意外と貧乳だった」(36歳/電機/技術職)

洋服を着ているときには気づかなかったけれど、脱いだら思った以上に小胸だった。女性ならブラにパッドを入れて大きく見せるのは当たり前のことでしょうが、男性にはリアルな胸なのか盛っているのかの判断はつきづらいようです。

清楚な見た目にだまされた

・「年下だから従順と思いきやはっきり物を言うので、清楚な見た目にだまされた感はある」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「普段は清楚で真面目なのですが、お酒を飲むと人格が変わってしまう彼女」(36歳/学校・教育関連/その他)

大人しそうで清楚な女性だと思っていた彼女が、意外とキツイ女性だった。付き合いはじめて地が出てきたのか、男性の不甲斐なさがそうさせているのかわかりませんがだまされたなと思う人もいるみたいですね。

家事ができなかった

・「料理上手。料理ができると言っていたので好きになるポイントに少しなったが、まったく料理できなかった」(34歳/警備・メンテナンス/その他)

・「家庭的をアピールしていたのに全然そうじゃなかったとき。料理も掃除も何もできない」(39歳/建設・土木/技術職)

料理上手で家庭的な女性というアピールに惹かれて付き合ったのに、実際は何もできない彼女にだまされたなと思った男性も。それがすべてではなかったとはいえ、期待していただけにガッカリも大きいでしょうね。

すっぴんが別人

・「メイクを取ったあとの素顔を見たとき。すごく質素なしょぼくれた顔に見えた」(28歳/医療・福祉/その他)

・「化粧を落としたとき、悪い意味でのギャップが大きかったとき」(30歳/その他/その他)

メイク顔とすっぴんがまったく同じ女性はいないでしょうが、そのギャップが大きすぎると男性たちの失望もかなりなもののようです。それで嫌いにならないまでも、かわいいメイク顔にだまされた感は拭えないようです。

二股をかけられた

・「自分以外にも男がいることがわかった瞬間。キープ枠には入っていたが、悔しいけど別れた」(34歳/その他/その他)

・「二股かけられてた。相手には一年以上付き合っている彼氏がいた」(22歳/その他/その他)

彼女は自分のことだけを好きでいてくれると思っていたのに、実はほかにも男性がいた。信じていた彼女に裏切られたという気持ちになるのは当然ですよね。付き合っている間に言われたこと、してくれたことすべてがウソだったのかと思うと男性の傷は深そうです。

金遣いが荒かった

・「金遣いの荒さですね。節約して貯蓄してると聞いていたのに、実際に貯金がなかったときそう思いました」(34歳/その他/その他)

・「見た目に反して金遣いが荒かったり、交友関係が怪しかったりした」(39歳/ソフトウェア/営業職)

金銭感覚が合わない相手とは最初から付き合おうと思わない男性も多いでしょうが、付き合う前にはそれが見抜けなかったという男性も。実際に付き合ってみたら、驚くほどの浪費家だったというのでは長く付き合えるような気もしなさそうです。

まとめ

いい意味でのギャップならだまされた男性としても好意的に受けとめられるでしょうが、そうでなければ彼女に対する不信感もわいてしまいそう。自分が勝手に思い込んでいただけ、好きだからよく見えていただけということもあるのかもしれませんが、裏切られた気持ちは大きいでしょうね。自分をよく見せるためとはいえ、あまりにギャップが大きすぎる猫被りはバレたときが大変そうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月18日~2016年10月20日
調査人数:392人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE