お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

むふっ、エプロンが似合いそう……! 彼女の「ママ姿」を想像する瞬間6

ファナティック

彼との将来を想像して夢を膨らませるとき、そこに子育てをしている自分の姿がある人も多いのでは? 男性はどのようなとき、彼女が母親になった姿を連想するのでしょうか。

メリハリのある対応

・「一方的にいい点を見るだけでなく良くない点についても指摘してくること」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ちゃんと叱ってくれるとき。子どもにもこう叱るのかなと思う」(25歳/その他/その他)

かわいいわが子のわがままをなんでも許すような母親にはなってほしくないと考える男性は、悪いことは悪いと言える彼女の姿から、よき母親になることを想像するようです。

思いやりのある行動

・「誰かが苦しんでいる、喜ぶことをいち早く気づいて気遣いができる」(25歳/その他/その他)

・「相手に対して思いやりを持って接することができる行動がとれる人は、子どもに対してもきちんと育てられそうな印象があります」(33歳/運輸・倉庫/専門職)

女性には母性本能があるといっても、子どもを産んだ瞬間から優しくなれるわけではありません。どんなときでも思いやりの心を持って人と接したいですね。

子どもに慈愛のまなざしを向けている

・「子どもを見る目が穏やかになったとき。友人の子どもの面倒見がいいとき」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ぶつかって来た子とか、迷子の子に優しく声をかけられる人」(26歳/情報・IT/技術職)

思い通りにならない他人の子どもの行動に逐一腹を立てていては、彼にいい母親を連想させることはできないかも。どんな子どもにも愛情を持って接することがポイントです。

家事を苦にしていない

・「家事が上手ではなく好きであること」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「家事が完璧、料理も上手、メンタルも安定している」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

家事には得意不得意がありますが、たとえ不得意であったとしても楽しんでやることが大切です。笑顔で家事をこなす姿から、子どもができたときの家族の様子を想像する男性もいるようです。

常識的な考え方をする

・「間違ったことをあまり言わない。当たり前のことを当たり前にできるところ」(33歳/商社・卸/営業職)

・「考え方がしっかりしているので子どももしっかりした人になりそう」(27歳/小売店/その他)

何が常識で何が非常識かは人によって判断が分かれるところですが、母親になれば子どもに正しいことを教える必要が出てきます。常識的なものの考え方ができることは、いい母親の条件と言えるかもしれません。

家族関係が良好

・「ご両親と仲良くしているところ」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「料理がおいしい。僕の両親とも仲がいい」(23歳/その他/その他)

結婚は2人だけの世界を永遠に継続できるものではありません。そこにはお互いの家族や親戚関係との付き合いも出てきます。子を持つ母親としては自分の家族ともうまくやってほしいというのが男性の本音のようです。

まとめ

男性が「この子と自分の家庭を築きたい」と感じるポイントは、優しさや思いやりがあり、成熟した大人としての考えを持てることなど、ごく当たり前のことのように感じられますが、当たり前が一番難しいことも事実です。結婚したいという気持ちから空回りしないよう、まずは1人前の大人としてやるべきことをしっかりとやっていきたいですね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月21日~10月23日
調査人数:185人(22歳~34歳の男性)
※画像はイメージです

※この記事は2016年11月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE