お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「彼氏に大切にされる女性」がしていること6つ

ファナティック

せっかく付き合うなら、彼氏に大切にされたいと願う女性は多いでしょう。ですがその願いが叶えられるかどうかは、自分自身にかかっていることも事実です。では、彼氏に大切にされる女性が欠かさずしていることとは? 働く女性たちの意見を聞いてみました。

(1)彼の友だちを味方につける

・「彼の友人や仕事仲間との付き合い」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「彼の友だちも味方につけておく。いざというときに情報をもらって彼を思いのままにするため」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

付き合っているからといって彼のコミュニティーを制限するのは得策とは言えません。むしろ彼の友だちを味方につけておくことで救われることもあるかもしれませんね。周囲から評判のよい彼女のことは、彼も決して手放したくないと思うはずです。

(2)彼を大切にする

・「彼氏の予定や体調などを細かくチェックして、いつも1番に考えている」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「彼氏を大事にする。自分に返ってくるものだと思うから」(33歳/不動産/専門職)

恋愛期間中はともすれば自分勝手になりがちですが、大切にされたければまずは自分が大切にすること。これが幸せになれるもっとも確実な方法かもしれませんね。人間は自ずと、自分を大切にしてくれる相手を大切にしたいと思うものです。

(3)胃袋をつかむ

・「手作りの料理をたくさん食べさせている」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「料理の練習。相手のために努力しようとするから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

仕事で疲れた夜、おいしい料理が待っていればなるべく早く家に帰りたいと思うことでしょう。手料理で胃袋をつかむ作戦は、多くの男性に効果があるようです。今から料理をがんばって、彼をたくさん喜ばせてあげたいですね。

(4)笑顔を絶やさない

・「いつも笑顔の練習を鏡の前でやっている。友だちがそう言っていた」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いつも笑顔! これ一番大事なポイントだと思うから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

屈託のない笑顔を見せられたら、彼は彼女を守りたくなるはず。反対にいつもブスッとしていたら大切にされるどころか距離を置かれてしまいます。口角はいつも上がり気味で、幸せな空間を作り出せる女性を目指したいものです。

(5)努力を惜しまない

・「脱毛やボディケアなど、女子力を高める努力をこっそりしていると思う」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「彼氏をつなぎ留めておくために体型維持など、努力を惜しまない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

彼と付き合っている安心感から、自分磨きをサボっていませんか? 放置すればどんどんだらしなくなくなっていく体も、しっかり磨けば年齢を重ねたなりの美しさを放つようになるでしょう。キレイでいる努力はいつになっても忘れてはいけません。

(6)彼を献身的に支えている

・「内助の功。家事をきちんとすることはもちろん、彼氏を精神的に支えている」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「相手のためになるよう家事や健康面で支えてでしゃばらない」(33歳/不動産/事務系専門職)

いくら男女平等と言われている世の中でも、やはり男性を支えられる女性は評判がいいようです。内助の功に徹し、つらいときに寄り添ってくれる女性は、彼も一生大切にしようと思うはずですよ。

<まとめ>

「なんでもっと大切にしてくれないの?」と彼を責めることは簡単ですが、それではますます相手の心は離れていってしまいます。もっと彼に大切にされたいと感じたときは、まずは自分の行動を見直してみることが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月7日~2016年10月12日
調査人数:105人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE