お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

超ドン引きっ! 妻が思う「結婚後の夫の豹変」6選

ファナティック

結婚したころはまさに理想の夫だったのに、結婚して少し経ったころには、「え、なに? 詐欺だったの!?」と思ってしまうほど豹変してしまう男性も世の中にはたくさんいます。そのたくさんいる男性のほんの一部の例を、既婚女性たちに語ってもらいましょう。

幸せ太り

・「昔は引き締まっていたのにお腹がぽっこり」(30歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「結婚後に急激に太ってしまうと嫌。太っている人は苦手なので、直後に太ってしまったら詐欺レベルだと思う」(32歳/その他/その他)

独身時代はキープしていたスマートな体。しかし、結婚した途端……というのは珍しい話ではありません。「幸せ太り」の典型例ですね。食事を作っているほうが、きちんとカロリー管理をしないと、もっともっと太ることになるでしょう。

家のことをしてくれない

・「家事を何も手伝ってくれなくなったところ」(22歳/その他/その他)

・「マイホームパパではなかったこと。自分優先で私を家政婦か何かかと思ってること」(34歳/その他/その他)

家事はもはや、女性だけがするものではなく、男性も積極的にすべきもののはずなのですが、奥さんに丸投げで、まるで家政婦のように使う人もいます。自分にばかり押しつけてくるパートナーに、さぞやガッカリしてしまうことでしょうね。

やさしさがなくなった

・「やさしさがまったくなくなった。家庭を顧みず仕事人間になった」(32歳/その他/その他)

・「最初はやさしかったのに、自分の手に入ったときに何もしなくなった」(33歳/その他/その他)

結婚したからもう心配はない、と勝手に考え、「釣った魚に餌はやらない」とでも言うように、やさしさがなくなってしまうひどい男性もいます。結婚しようが、やさしさがなくなれば、当然別れも考えますよね……。

短気になった

・「結婚前は穏やかそうな感じだったが、結婚後は短気ですぐに怒る」(33歳/その他/その他)

・「怒ると暴力的になる。人には手を出さないが、物を壊す」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

付き合っている間は、相手に嫌われたくない一心で、ずっと我慢していたのかもしれません。短気な気質のほうが、きっと本性。あまりにも暴力的なことをされるようになったら、本気で離婚を考えるべきかも。

だらしない

・「思った以上に片付け嫌いだったところ」(23歳/その他/その他)

・「思っていたより、不潔でだらしない一面がある」(24歳/その他/その他)

掃除をしなかったり、ものを片付けようとしなかったり、そんなだらしのない姿を見続けていたら、愛情も冷めてしまうかもしれません。一緒に暮らす相手がいるのですから、清潔感を意識してほしいですよね。

自分の予定を優先する

・「もう少し子どもの面倒と家族のことを考えて予定を立てる人だと思った。自分の予定をよく入れ、その通りに家族を誘導する。もしくは予定があるから疲れるという理由で子どもの面倒を見ないこと」(29歳/その他/その他)

結婚生活は、お互いが家族のことを思いやって行動してこそ、うまくいくというもの。片方が自分のことだけを優先して、独りよがりな行動をとれば、もちろん反感を買いますし、愛情も薄らぐでしょう。

まとめ

結婚してからパートナーのいい面を発見できた、と言う人もいれば、「こんな人だとは思わなかった……」と嘆く人もいます。後者のようなことにならないためにも、これから結婚をしようという人たちは、相手のうわべだけではなく、本性もしっかり見極めるべきでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月17日〜10月18日
調査人数:110人(22歳〜34歳の既婚女性)

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE