お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「愛が続くカップル」と「愛が冷めるカップル」の違い

ファナティック

付き合いが長くなるにつれ、ますます仲の良さが深まるカップルもいれば、逆にマンネリ化してくるカップルもいるもの。どういった違いから、この差は生まれてくるのでしょうか。働く男性に、理由を考えてもらいました。

相手を尊重できるかどうか

・「相手のことを尊重できるか、自分のことばかりしか考えていないか」(36歳/建設・土木/技術職)

・「お互いを尊重しているかどうかが分かれ目」(34歳/電機/技術職)

相手を大事な存在と思うなら、自然と相手を尊重するようになるものでは。自分の所有物と思わずに、一人の人間として大切に扱うことが大事ですよね。

性格が合うかどうか

・「前者は性格が合って意気投合、後者は自分の嫌な面ばかり見えて腹がたつモラハラタイプ」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「性格の一致、不一致、方向性の違い」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

二人の性格が合うか合わないかで、長続きするものかどうかも決まってきそうなもの。気が合う相手とだと、ますます相手と一緒にいたいと感じますものね。

飽きやすいかどうか

・「その人の性格だと思う。飽きっぽい人たちはマンネリ化するのではないか」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「飽き性の人。飽き性の人は結局人に対しても出る」(33歳/運輸・倉庫/その他)

本人が飽き性かどうかでも、二人の仲に違いが生まれそうですね。何をしても飽きやすい男性と付き合っている場合、すぐにマンネリ化してしまいそうですよね。

趣味が合うかどうか

・「共通の趣味があったり価値観があう」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「趣味趣向があっているかどうか」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

お互いに同じ趣味を持っていると、一緒に行動することに楽しみを見つけられるようになるのでは。恋人同士でもあり、友だち同士のような関係だと、より長続きしそうですよね。

新しいことにチャレンジするかどうか

・「常に新しいことを見つけていろいろなところに出かける」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「いつも新鮮なことを探して挑戦しているカップルはどんどん仲良くなるが、特にそういうのもせず普通に日常生活を送っていくカップルはマンネリ化すると思う」(36歳/情報・IT/技術職)

マンネリ化を防ぐためには、二人でいつも新しいことにチャレンジする気持ちが必要ですよね。新鮮味に欠けてくると、何をしていてもつまらなく感じてしまうかもしれません。

会話があるかどうか

・「会話があるかどうか、ないと冷えていくから」(26歳/金融・証券/専門職)

・「会話がなかったりコミュニケーションが取れない夫婦」(35歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

いつも会話が切れることなく、新しい話題を提供するのは難しいものですよね。でも相手とおしゃべりをしたいと思うならば、自然と話したいことが、次から次へと浮かんでくるのかもしれません。

まとめ

付き合いが長くなってくると、二人も自然と仲良くなってくるもの。相手のことを好きであればあるほど、もっと相手と深く関わりたいという気持ちも深まるのでは。二人にこの気持ちがあれば、長続きすることもできそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~40歳の働く男性)

 

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE