お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドタキャンしちゃえっ! デートが嫌になる男性からの「ウザい連絡」6つ

ファナティック

気になる男性とならデートの約束をするためのやり取りも、当日までの楽しみの一つ。とはいえ、その連絡が「ウザいな」と感じてしまうと、デート自体をキャンセルしたくなる人もいるようです。今回は、ドタキャンしてもいいかなと思うほどウザい「デート前の男性からの連絡」について女性に聞いてみました。

遅刻の連絡

・「大幅に遅刻する。長く待たされるから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「待ち合わせ時間にかなり遅れるという連絡。せっかく時間通りに待ち合わせ場所にいるのに、そこからかなり待たされるなら帰りたい」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

待ち合わせ時間間際になってから遅刻の連絡。それだけでも帰ってしまおうかと思いますよね。デートの待ち合わせ場所は万が一のことを考えて、待たされても苦にならない場所にしておいた方が良さそうです。

希望を細かく聞いてくる

・「『何食べたい?』だけじゃなくて細かい希望を聞いてくること」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「当日の予定をきっちり決めたいのか、何がしたいかいろいろ聞いてくるとき」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

デートプランを立てるためなのはわかるけれど、行きたい場所や食べたいものなどを事細かに聞かれると答えるのも面倒になりそう。ざっくりとした好みを聞いて、あとは自分で考えるくらいの行動力がほしいですね。

自分の気持ちをやたらと伝える

・「毎日デートが楽しみだとメッセージを送ってくる。面倒に感じてくるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「何度も楽しみだと伝えてくる人。いい大人だから、言葉にしなくても雰囲気を楽しもうよと思う」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

デートを楽しみにしているのはうれしいけれど、それをいちいちメッセージで伝えられると空気が読めない人だなと思ってしまいそう。サラッと「楽しみにしてます」とメッセージを送られる方が女性としても期待してしまいますよね。

プランを人任せにする

・「デートプランについて全部人任せな人。面倒くさいだけなのかと思ってしまう」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「『今日何する? 決めていいよ』みたいな相手任せなとこ」(24歳/医療・福祉/専門職)

こちらの意向をくんでくれるつもりなのかもしれないけれど、デートを全部お任せにされると適当に扱われているような気になりそう。男性には自分がリードするくらいの積極性を持ってもらいたいですよね。

確認が多い

・「日時などを細かく確認してくる。一度言えばわかるだろうと思うし、前の連絡のメールなりLINEなりを見ろと思う」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『来るよね。忘れないでね』って何度も確認を取られると面倒に思えてくる」(32歳/自動車関連/技術職)

几帳面なだけなのか、今までのメッセージを確認するのが面倒なのか、いちいち確認と称して連絡してこられるのがウザいという女性も。でも、それを口実にしてやり取りをしたいだけという人もいそうなので、冷たくあしらうのはかわいそうかもしれませんね。

予定がなかなか決まらない

・「場所がなかなか決まらないとき。早く決めてほしいと思う」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「待ち合わせ時間がギリギリまでわからない連絡にルーズな人。ドタキャンしたくなります」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

待ち合わせ場所や時間を早く決めてくれないと、こちらにも予定があるのにとヤキモキする女性もいるようです。彼の都合にある程度は合わせるつもりがあっても、振り回されるばかりだとデート自体が面倒になりますよね。

まとめ

デート前にウザいほどの連絡をしてくるというのは、楽しみな気持ちの表れなのかもしれないと好意的に解釈することもできますが、いつも同じ調子だと疲れてしまいそう。何度かデートをすれば自然と行き先や待ち合わせ場所のパターンなどもできてくるかもしれませんが、こういう相手だと2度目、3度目はないかも。デートそのものも大事ですが、それまでの連絡の仕方でも彼の性格が何となくわかりますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~35歳の働く女性)

 

※この記事は2016年11月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE