お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対、許さないから……! 「不倫をした人」に与えたい罰・6つ

ファナティック

どれだけ好きになった人がいても、相手が既婚者である場合は、気持ちを抑えなければいけません。そのまま進んでしまうと、不倫関係になって泥沼になるのは目に見えていますよね。今回は働く女性に、不倫をした人に与えたい罰を考えてもらいました。

<不倫をした人に与えたい罰>

■社会的制裁を受ける

・「社会的な制裁を与えることが一番いい」(28歳/不動産/販売職・サービス系)

・「社会的な制裁をひとつでも受けてほしい」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

お互い社会人として働いているなら、社会的制裁を受けることが、一番の罰になるかもしれません。仕事を失ってしまっては、不倫どころではありませんよね。

■同じ目に遭う

・「同じことを受ける罰。不倫をした人には、不倫されるという経験が一番フェアだと思う」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

・「自分が結婚したときに、相手に不倫をされる。自分でつらい目に遭うことが一番の罰だと思うから。因果応報」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

自分が結婚したときに、同じ目に遭うという罰を考える人もいるようです。二度と不倫をしようと思わなくなるでしょう。

■罰金を支払う

・「罰金。一番簡単だけど、国のためにはなりそうだから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

不倫を法律化してしまい、バレたときは罰金を支払えばいいという人も。どの程度、徴収されるかによっては、効果がありそうですね。

■まわりからの信頼を失う

・「まわりからの信頼がなくなること」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「まわりの誰からも信頼されなくなってしまう」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

まわりからの信頼を失うことを、罰とするのもいいかもしれません。孤独になるのは誰だってつらいものです。

■慰謝料を支払う

・「莫大な慰謝料を支払う。人生をかけてお金を払わなければならなければ、誰も不倫なんてしなくなるだろうから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「奥さんに訴えられて、多額の慰謝料」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

慰謝料も、不倫をした際の罰のひとつ。夫と愛人の両方に請求することができますよね。

■一生独身のまま

・「一生、独り身の罰がいいと思います」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「一生パートナーができない罰。ひとりに選べなかったり、人のものに手を出したので、その後一生独り身で寂しく過ごしてほしい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

できれば一生結婚できないような罰を与えてほしいと思う人も。既婚者に手を出した罰は、それほど重いということかもしれませんね。

<まとめ>

不倫をした人への罰をいろいろ考えてもらいました。実際に不倫をされてしまった場合、配偶者やその相手への罰をどのようにするかは、本人が考えるもの。配偶者への大きな借りのひとつとしておくか、慰謝料や養育費をもらって離婚するかは、迷うところかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ

調査日時:2016年10月7日~2016年10月18日
調査人数:102人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE