お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジで勘弁してくれ! 男子からすると意味不明な「女子のこだわり」6選

ファナティック

カップル女性にとっては大切なことであっても、男性には理解してもらえないことも多いもの。お互いさまな部分もあると思いますが、やはり異性には理解し難いこともありますものね。男性のみなさんは、彼女のどんなこだわりを必要ないと感じているのでしょう。男性の本音を探ってみました。

化粧

・「メイク。そこまで時間をかけてメイクをしても大きなちがいはないから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ちょっと買い物に行くだけでも化粧をする」(28歳/その他/その他)

外出するときは必ずメイクをする人もいますよね。待たされている男性からすると、そんなに大差ないと思って、不思議に感じているのでは。

ダイエット

・「ちょっと体重が増えただけで太ったという」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ダイエット。過剰なぐらい」(29歳/情報・IT/営業職)

ダイエットに励む女性も多いもの。1キロや2キロの変動に、大騒ぎする気持ちも分かりますよね。でも男性は、そこまで大げさにならなくても……と感じているのかもしれません。

髪型

・「頻繁に鏡を見て髪の毛1本ごときにこだわって延々直している。1秒後には乱れてると思うから」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「化粧や髪形へのお金のかけ方」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

髪型が決まらないと、外出するのもイヤになりますよね。少しでもキレイになりたいという女性のこだわりは、男性には必要ないように見えるようですね。

家事

・「毎日家事をがんばりすぎる。少し手を抜いていいのにって思う」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「掃除はしないというポリシー」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

家事についてこだわりをもっている女性もいるようです。とはいえ、家事をまったくしない人もいれば、頑張りすぎる人もいるので、男性も理解できないのではないでしょうか

洋服

・「買った服をその日にまた家で試着して見る」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「毎年買う服」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

洋服にこだわる女性も多いですよね。男性目線からすると、毎年同じような洋服を買っているように見えてしまうのかもしれません。

出かけるとき

・「デートのときにそこまで気合を入れて、おしゃれをする必要はないと思う。普段の外出着程度で十分」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「コンビニに行くのにもラフな格好がイヤで気合を入れる」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

近くに出かけるときでも、オシャレの気は抜けませんよね。誰に見られるか分からないと思うと、ちゃんとした洋服は着たいもの。男性にはそのこだわりが分からないようですね。

まとめ

女性のいろいろなこだわりを、それほど必要ないと感じている男性は多いようですね。男性が車やパソコンなどにこだわりをもっても、女性には理解できないのと同じことかもしれません。お互い寛容な気持ちを持つことが大切かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数99件(21歳~40歳の働く男性)

※この記事は2016年11月01日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE