お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼女の写真をSNSに投稿したくない男子●●%

ファナティック

自撮りSNSにアップされる仲良さそうな恋人同士の2ショット。微笑ましいと思いながら見ることもあるでしょうが、不特定多数の人に見られると思うと怖い部分もありますよね。今回は、SNSに恋人の写真を載せることに対して、抵抗を感じるかどうか男性たちに聞いてみました。

Q.SNSに恋人の写真を載せることに抵抗はありますか?

「抵抗あり」……79.2%
「抵抗なし」……20.8%

8割近い男性がSNSに恋人の写真を載せることに抵抗を感じるようです。では、どうしてそう思うのか理由を聞いてみましょう。

■悪用されることもあるから

・「残るから。デジタルの世界は残るし、複製可能だし、瞬時に拡散するし、プライベートなことほどあまり載せないほうがよいと考えているから」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「誰かに保存されたくないから」(27歳/農林・水産/技術職)

ネット上にアップした写真は、自分が削除したとしてもどこかで保存されている可能性大。知らないところで自分や彼女の写真が使われてしまうということを考えると、気軽に写真をアップするのが不安になりますよね。

■個人情報は守りたい

・「個人情報を晒していることになるから。今のネット社会何があるかわからない」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「SNSに個人情報がわかるものは載せない」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

写真で顔を知られるだけでなく、いつ、どこにいたのかという情報までわかってしまうのが写真の怖さ。個人情報を守るという意味でもSNSに写真をアップするときには、細心の注意が必要かもしれませんね。

■知らない人にまで見せるものではない

・「不特定多数の人向けに顔を出すのはちょっと」(37歳/自動車関連/事務系専門職)
・「全世界に公開するようなものでもないと思うから。自慢しているようでイヤだから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

自分たちが付き合っていることをわざわざ不特定多数の人に知らせる必要はないという男性も。その写真を見て不快に思う人がいたら、何をされるかわかりませんよね。顔を出しているだけに警戒してしまうという人も多そうです。

では、抵抗がないという男性にも理由を聞いてみましょう。

■公開範囲を設定すればOK

・「公開範囲を定めれば、否定する理由は無い」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「限定公開にしているならOKです」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

SNSは公開範囲を設定することができるので、見せる相手を選べばよいだけという男性も。彼女と自分だけ、友だちまでなど信頼できる相手にだけ見せるのなら、手軽な近況報告としても使える便利なツールではありますよね。

■みんな載せているから

・「相手がイヤなら別だが、今はそれが普通になっているから」(29歳/情報・IT/営業職)

・「みんな載せているし、自分も載せているから」(33歳/電機/技術職)

恋人の写真やカップルで撮った写真をSNSにアップするのは、それほど珍しいことではないので自分もそれに倣っているだけ。自分だけが特別なことをしているわけではないという安心感が、抵抗を感じない理由のようですね。

■彼女を自慢したい

・「自慢の彼女なので、相手さえイヤでなければ見せつけたい」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「かわいければ自慢したい」(27歳/その他/経営・コンサルタント系)

彼女のことが大好きでほかの人にも自慢したい。ある意味では純粋な気持ちでSNSに彼女の写真をアップしたいという男性も。彼女に了解が得られれば、どんどん写真を載せたいとも思っているようですね。

■まとめ

SNSだけでなくネットに写真を載せることの危険性を考えている人にとって、恋人の写真を載せるというのは軽率な行為にも思えるようです。確かに、誰が見ているかわからない、どこに流用されるかわからないと思えば大切な彼女の写真を載せる気にはなれないかも。SNSに写真を載せることのメリットとデメリットをしっかりと考えたうえで、乗せるかどうかの判断をすることが大切ですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数101件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]