お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あんなコトもそんなコトも社内で!? 職場恋愛で男性が感じるメリット3つ

フォルサ

とかく、タブーなことのように扱われやすい「社内恋愛」ですが、実際に会社内で彼氏彼女の関係がある人にとっては、メリットに感じていることが多くありそうです。社内恋愛で良かったと思うこと、感じるメリットについて、働く男性たちに質問をしてみました。

いつでも近くに

・「ずっと一緒にいられるので相手のことを知ることができる」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「いつでも口実を作って会える点」(39歳/その他/技術職)

・「毎日顔を合わせることができる。会えない、という悩みやすれ違いがない」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「会社に行くのが楽しくなる。いつでも会える」(29歳/情報・IT/営業職)

好きな相手にいつでも会える! これは最も多かった回答で、いつでも彼氏や彼女の存在を近くに感じられるのは、いろんな不安を解消するのにも役立っているようです。わざわざ時間を調整して、プライベートの時間を相手に注ぐ恋愛とはちがい、常に共通した時間を持つことができるというのは、社外の異性と付き合っている人にとっては羨ましいポイントなのでは?

事情が説明なしにわかってもらえる

・「繁忙期等で忙しい等の理解が得られそうなので」(33歳/商社・卸/営業職)

・「仕事の大変さをわかってくれる。会社でどんな仕事をしているかとかも間近で見ることができるので、忙しさなどもわかってくれると思うから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「お互いの仕事のことを把握し尊重できる」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「困ったときにお互い気軽に助け合って仕事を片付けれる。上司、先輩だとこんなこともできないのかと言われそうだけど、彼氏、彼女だと困ったときは、お互い様という感じて気軽に言えると思うので」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「また仕事?仕事と私、どっちが大事なの!?」という、仕事がらみで定番のケンカが起こりにくいという所にメリットを感じる男性も多い結果となりました。互いにどんな仕事をしているのかがわかっていると、お互いの大変さや仕事の辛さがわかり、その苦労を共有できるという点で理解も深まるというのは、社外では味わえない共感でしょう。

プライベートの予定も立てやすい

・「いつも恋人に会えて仕事終わりにデートできること」(24歳/運輸・倉庫/営業職)

・「スケジュールの調整もしやすいし、お互いがすぐに会えること」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「休みの日が確実同じなので、予定合わせが楽」(22歳/建設・土木/営業職)

・「ライフスタイルが合わせやすいのでは。同じ会社なら基本的には休みも一緒で退社時間も近しいと思うので平日も予定が合わせられやすそう」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

社内恋愛なら、お互いに休みがわかっているので、デートの度に休みの都合を付けたり、日程が合わずにケンカになることもありません。出勤や退勤のタイミングも把握しできるので、あらぬ疑いや疑惑が起こることも少ないでしょう。

まとめ

仕事とプライベートでは、もちろん2人の関係や過ごし方が変わってくるでしょうが、お互いの仕事の状況や内容をわかっているという所にメリットを感じている男性が多いようです。互いのビジネスモードがわかっているだけ、余計な心配や気を使うこともなく、理解度が高いという印象を持っているようです。ただ、「特に何もないと思う。逆に仕事がしにくくなる」(30歳/学校・教育関連/専門職)というように、仕事をしている姿を見られることに抵抗を感じるような回答もわずかですがありました。プライベートと仕事が混同してしまう印象を抱く男性にとっては、社内恋愛は辛いのかもしれませんね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数106件(22歳~39歳の働く男性)

(フォルサ/竹林みか)

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

SHARE