お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

限界かも!? 男性が衝動と理性の間で戦ったエピソード・6つ

ファナティック

眠気、食欲、性欲……ものすごい衝動が起きてしまったときに、欲望に勝てなかった瞬間ってありますよね。では普段の生活で、男性はどういうときに欲望と理性の間で戦っているのでしょうか。今回は社会人男性の意見を見ながら、チェックしていきましょう。

■温泉に入ったとき

・「温泉で女湯から聞こえる声」(39歳/その他/技術職)

・「温泉で女湯の扉が開いていたとき。なんとか理性が勝ちました」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

露天風呂でしょうか。温泉では男湯と女湯が隣に配置されていることがありますよね。そのときに女湯のほうをのぞきたくなってしまうのは、男性ならではの欲望かもしれません。

■職場の女性に迫られたとき

・「職場の女性から言い寄られたとき。基本的に負ける」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「職場恋愛NGなので誘惑と戦った」(32歳/その他/通信)

社内恋愛がバレると仕事がしづらくなりそうですよね。そういうわけで社内恋愛を禁止している会社もあるようですが、それでも女性に迫られたときはさすがに困ってしまうかも。

■お酒に酔ったとき

・「酔った勢いで押し倒したかったけど、今後のことを考え理性が勝った」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「酔って女性も交えて雑魚寝したとき」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

酔ったときは気が大きくなりますし、酔っている女性は無防備ですが、押し倒したりすれば後悔するのは目に見えています。どうせならちゃんとした手順を踏んで関係を持ちたいですよね。

■一緒に寝たとき

・「好きだった子と一晩一緒に過ごしたこと」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「先輩と一緒に寝たときちらりと胸元が見えたとき、手を出してしまいそうになった」(29歳/金融・証券/専門職)

恋人同士でなくても、何か事情があれば女性と一緒に眠ることも。その際に女性のカラダの一部が見えると一線を越えてしまいたくなりますが、このケースではなんとか我慢できたようです。

■女性が部屋に来たとき

・「はじめて自分の部屋に来たとき。押し倒さないように」(32歳/電機/技術職)

・「学生時代ひとり暮らしをしていて、当時まだ付き合って間もない彼女が自分の部屋に来たとき。大学の課題を一緒にやったが、私の頭の中はそれどころではなかった」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

仲のいい女性が自分の部屋に遊びに来た際、2人きりということもあってつい欲望が出てきてしまったのかも。いろいろ考えながら何もできず……ということもありそう。

■彼女がいるのに……

・「彼女がいながらキスできそうな相手がいるとき」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「彼女がいるのに、女性に言い寄られた」(28歳/その他/その他)

自分に彼女がいるにも関わらず、ほかの女性と関係を持つのはご法度。でも誘惑された場合に気持ちが揺らぐのも自然なこと。いつ理性が負けてもおかしくない状況だったのかも。

■まとめ

中には「友だち同士だけど水着などを見たとき」(28歳/運輸・倉庫/その他)に欲望をおさえたという声も。男性はいろいろなシーンで欲望と戦っているのですね。とはいえ、女性には想像できないことかも……。あなたには、欲望と理性の間で戦った経験がありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月19日~10月3日
調査人数:105人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]