お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヤバっ、惚れちゃう……彼氏がいても、ほかの男性に心を奪われた瞬間・6つ

ファナティック

彼氏がいれば、ほかの男性とは深く知り合わないのがルールですよね。ですが、思わずステキな男性にときめいたこともあったのではないでしょうか。今回は、彼氏がいてもほかの男性に心を奪われた瞬間を、女性たちに聞いてみました。

■落ち込んだとき!

・「落ち込んだときに励まされたり、救ってくれたらくらっときてしまう」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「落ち込んだときにやさしくされるとくらっとくることがある」(25歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

落ち込んだときは気分が低下しますよね。自分はダメな人間だと、人格まで否定したくなることも。そんなときに自分を励まし、認めてくれる男性がいるとうれしいですよね。

■彼氏と倦怠期のとき!

・「彼氏と倦怠期で、仕事先の人とかにアプローチされたとき」(33歳/不動産/専門職)

・「彼氏と倦怠期のときに、やさしくされるとドキッとする」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

彼氏がいるにも関わらずほかの男性にくらっときてしまうのは、彼氏が今自分の求めている役をしてくれていないためでもあるでしょう。倦怠期カップルは身近な異性に要注意。

■大人っぽさを感じたとき!

・「彼にはない大人の落ち着きと甘いマスクの人」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「彼の子どもっぽさにうんざりしていたときに、年上男性がやさしくしてくれたから」(31歳/その他/その他)

男性は女性よりもずいぶん子どもっぽく見えることがありますよね。同年代の彼氏であれば、それが顕著な場合もあるでしょう。そんなとき大人な男性が現れれば、惹かれてしまいそうです。

■失敗をフォローしてくれたとき!

・「失敗をフォローしてくれる人には惹かれる」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「仕事の失敗をカバーしてもらったり、励ましてくれたりしてくらっときたことがある」(33歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

彼氏はプライベートな存在です。ですから、仕事の失敗をなぐさめてもらってもピンとこないかもしれませんが、職場の人のフォローなら心に響くことも多いのではないでしょうか。

■学生時代の男性と会ったとき!

・「久しぶりに会う学生時代の先輩。昔と変わらないやさしさとか懐かしくて、仲よく毎週飲んでた時代に戻りたくなる」(23歳/金融・証券/その他)

・「久しぶりに会った同級生が素敵に感じたとき」(26歳/医療・福祉/専門職)

誰にでもある学生時代の思い出。学生時代に親しくしていた人と再会したとき、言いようのない懐かしさにかられる人もいそうですね。今の彼氏にはわからないことも知っている存在です。

■理想の人が現れたとき!

・「理想に近い人が、フリーになったと聞いたとき」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「彼氏がいても、自分好みの顔立ちや雰囲気を持った人を見るとそう思う」(32歳/生保・損保/営業職)

まさに自分の理想のタイプの男性がフリ—になると、自分もフリーになってしまおうかと思う女性も。正直でいい反応ですが、今別れてもその男性とお付き合いできるとは限りません!

■まとめ

人にはそれぞれの魅力がありますし、彼氏だけが男性ではありません。相手がいても、素敵な男性がいれば惹かれるのは当然の心理ですよね。誰かにくらっときたときは、「自分はいろいろな人に支えてもらっているのだな」というくらいの認識でいるといいかもしれませんよ。しっかりと大切な人を見極めてお付き合いしたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日〜10月7日
調査人数:127人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]