お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もうしくじるなよ!? 元カレと復縁する時の「絶対条件」5つ

ファナティック

一度は別れた彼だけれど、「もう一度やり直したい!!」と彼の方からアピールしてくることもあるかもしれません。ところで、もし彼に「やり直したい」と言われたら、女性たちはどんな条件を彼がクリアしていたら、ヨリを戻すことをOKするのでしょうか? 見極めるテクを聞いてみました。

■魅力UP

・「昔より100倍、男前になっていたらです」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「昔よりも外見、内面、すべてがレベルアップしている」(30歳/学校・教育関連/専門職)

中身も外見も、以前と何一つ変わっていなかったら、ヨリを戻すほど心は動かないでしょうね。特に、外見は気合を入れて磨いて欲しいところですね。

■性格・価値観

・「彼の性格も多少よくなってお互い成長していけるなと感じたら」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「性格を直す、と言われたら(別人になりうるかもしれませんが……)」(33歳/不動産/専門職)

・「以前付き合っていたときよりも、精神的に成長していて、大人の考えや対応ができるようになっていたら」(25歳/その他/専門職)

性格の不一致で別れてしまうカップルは少なくありません。人の性格はそうそう簡単に変わるものではありませんが、以前より歩み寄ってくれると嬉しいですよね。また、距離と時間を置いたことで、彼が人間的にぐんと成長していたら、見直してしまいます。

■理想のデートプラン

・「デートなど適当だったので、真剣にデートプランを考えたりすれば考える」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「高い高いレストランでおいしいごはんを食べる」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

デートプランが原因で、彼の印象が悪くなり、別れてしまった、なんて人もいるかもしれません。直接的な理由ではないにしても、別れた原因の一つに挙げる人もいるでしょう。理想通りのデートをしてくれたら、考えてしまいますね。

■真剣な思いを伝えられたら

・「やっぱり好きだと言われたら考えるかもしれない」(34歳/金融・証券/営業職)

・「まだ君が好きだからと迫られたら、考え直しそうだと思う」(29歳/その他/クリエイティブ職)

一度はお互いに愛想を尽かしたとはいえ、「やっぱり愛してる」など、ストレートな告白をされたら、心が以前の状態に戻ってしまうこともあるでしょう。言葉はストレートに響くのかもしれません。

■結婚を前提に

・「1年後の結婚を前提に考えてくれと言われたら」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「どんな状況でもよりを戻します。結婚できるのならそちらのほうが良い」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

年齢的な問題などで、「今すぐにでも結婚したい!!」と思っている女性ならば、結婚を前提とした交際をしてくれる男子は大歓迎の様子。「結婚」についてギクシャクしていたパターンも多いようです。。

■まとめ

彼が復縁を迫ってきたら無条件で受け入れるのではなく、ある程度しっかり考え直した方が今後は長続きするかもしれません。特に、別れの原因になったものに関しては注意深く見極めたいですね。今度こそ失敗しないためにも、見極めが大事になります。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~10月14日
調査人数:114人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]