お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

そんなに近くで見ないでぇ~! 至近距離で男子に見られたくないコト6選

ファナティック

イスに座る女子どんなに美容に気をつけていても、場所によっては至近距離でじっくり見られてしまえばどうしてもあらが目立ってしまいますよね。自分にとって自信がない部分についても、至近距離から男子に見られるのはイヤだという女性は多いでしょう。男子にじっくり見られたくない体のパーツはどこか、女性の皆さんに聞いてみました。

どうしても太く感じてしまう太もも

・「太もも。太いから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「太もも。脚に自信がないため」(25歳/その他/専門職)

部分やせをするのも難しいとよくいわれる太ももは、やはり自信がないという女性も多いようです。じっくり見られてほかの女性と比べられたりするのはできれば避けたいパーツですよね。

じっと見つめられると困る顔

・「顔。毛穴を気にしてるから」(32歳/農林・水産/秘書・アシスタント職)

・「顔。毛穴や口ひげが目立つから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

顔は体のほかのパーツにくらべれば丁寧にケアすることが多いですしメイクでカバーもできますが、それでも至近距離でじっと見つめられるのは恥ずかしいという人も多いようです。処理しきれていないムダ毛に気付かれるのも困りますよね。

ひかえめな胸

・「胸辺り。貧乳だから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「胸。あまり大きくないから」(29歳/その他/クリエイティブ職)

胸に関しても、あまり大きくなく自信がない人にとっては見られると困ってしまうパーツなようです。あまりじっと見つめられると、まるで小さいことをとがめられているかのような気持ちになってしまいそうですね。

肉付きのよいお腹

・「お腹などの脂肪」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お腹。たぷたぷなので」(31歳/その他/その他)

服の上からは太っているようには見えなくても、脱いでみると脂肪がついていることがよくわかるお腹。女性の体のやわらかさを好ましく思う男性も多いかと思いますが、女性側としてはやはり隠しておきたい部分なのでしょう。

見つめられると緊張してしまう目

・「目。至近距離でじっと目を見つめられるとすごく緊張するから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「目とか。カラコンしているのでちょっと恥ずかしい」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

男性、特に好きな人に目を見つめられると気持ちの面でも緊張したり恥ずかしくなったりしますよね。くわえて近頃ではカラーコンタクトも流行していますから、至近距離で見つめられてカラコンをじっくり見られることが恥ずかしいという人もいるようです。

自分ではケアしにくいお尻

・「お尻。形もよくないしキレイではないので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「お尻。セルライトが多いので」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

自分ではなかなかじっくり見られないため、ケアもしにくいパーツであるお尻。ですが男性の中には女性のお尻が好きという人もいますから、時にはじっと見つめられることもあるかもしれません。自信がないどころかケアも難しい場所をじっと見られるのはたしかに恥ずかしいですよね。

まとめ

男子に至近距離で見られたくない体のパーツとしては、それぞれに自信のない場所が多くあげられているようです。ただじっと見つめられるのは恥ずかしいですが、自分では自信のないパーツも彼は好ましく思ってくれていると考えれば少しは気分も落ち着きそうですね。


(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数113件(22歳~36歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE