お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

“奢られ女子”と“割り勘女子”の決定的な違い

フォルサ

お付き合いしている恋人同士ではなくても、男女で食事に行ったり、飲みに行ったりする機会ってありますよね。そういう時、男性が思わず「この人にはご馳走したい!」と思う女性ってどんな人なのでしょうか? 逆に、割り勘で済ませたいと思う女性との違いってあるのでしょうか? 男性のみなさんに聞いてみました。

■その場の雰囲気が大事

・「美味しそうに食べてくれたり、感謝のお礼をちゃんと言える女性になら何度でも奢ってあげたい」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分といることを楽しんでくれる女性には奢ってあげたくなる」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「ノリが良く楽しい会話ができるかどうか」(31歳/情報・IT/技術職)

やはり一緒にいる時間がどれだけ楽しかったか、または相手がそれを楽しんでくれていたかがポイントという意見。男性はその時間へのお礼として奢ってあげたくなるようです。もちろん、それをちゃんとよろこんでくれることが前提。しっかりお礼の気持ちを言葉で伝えてましょう。

■「当然」と思ってる?

・「奢られるのが当たり前と思っている人には奢るのをためらう」(29歳/情報・IT/営業職)

・「食事中、も厚かましいのは割り勘。気が効く女性は奢る」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「図々しいかそうでないかと思います」(34歳/機械・精密機器/技術職)

これは上記の逆パターン。最近ではだいぶ少なくなっている気がしますが、やはり男性だって楽しい時間を過ごしたいと思って食事に誘っているのですから「奢られて当然」と思っている女性にご馳走したくはないですよね。お互いが楽しく気持ちよく時間を共有できるのが一番です。

■次を期待? 先行投資型

・「自分の中で大切にしたいかどうかかと」(28歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「彼女にできるかできないかどうかの違い」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「その後発展しそうかどうか、無駄にしたくないから」(26歳/金融・証券/専門職)

実はこれが最も正直な回答ではないでしょうか。今は同僚や友達でも今後、その人と恋人関係になりたいと思っている相手には、積極的にアピールしていくという男性が多くいました。つまり奢ってくれる男性は、自分に何かしらの興味や好意を持ってくれている可能性が高いということでしょう。

■意外と多い? いつでも奢る人

・「いつも奢っているので分からない」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「基本的には奢りますのでなんとも」(38歳/食品・飲料/営業職)

・「たいてい奢ってあげます。割り勘にすることはない」(34歳/学校・教育関連/専門職)

とくに30代の方に多かった答えです。女性が相手なら基本的にいつでも奢るという男気溢れる回答。まだまだこういう男性も多いのですね。こういう男性とばかり食事に行っていると、「奢られて当たり前」と思ってしまう女性が増えても仕方ないと思えます。

■まとめ

もっと見た目の可愛さや次への期待が大きいのかと思っていましたが、意外と「どんな相手でも奢る」という答えも目立つ結果でした。でもだからと言ってそれを「当たり前」と思ってはいけません。男性にだっていろいろ事情はあるでしょうから、しっかりお礼を伝え、時には逆にご馳走してあげるくらいの気持ちがあると、いい関係を長く続けていけるのではないでしょうか。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

(フォルサ/佐藤ともこ)

お役立ち情報[PR]