お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男性目線! 身近にいる「なんで結婚できたんだろう?」と思う男性のエピソード・6選

ファナティック

晩婚化が進んでいる昨今。いい男性が未婚なのに、ちょっとどうかと思う人が先に結婚していたりする現象ってありますよね。そこで今回は社会人男性が「なんでこんな人が結婚できたんだろう?」と思った男性の特徴について聞いてみました。

■毎晩のように遊んでいた

・「毎晩のように飲み歩いていて、お金も全然ためていなかった人が、ある日突然結婚していた」(37歳/建設・土木/営業職)

・「毎晩のように女と遊んで、家に帰らない男」(37歳/その他/その他)

飲み会への出席率が異常にいいなど、夜の時間を大切にせず貯金も使ってしまっていたような人が急に結婚すると驚いてしまいそうですね。遊んでいると縁遠くなるような気がするけど……。

■とにかくワガママ

・「ワガママ過ぎる人。会社で対人関係がうまくいってないのに、夫婦として成り立つのかと思う」(38歳/商社・卸/営業職)

・「ワガママ、自己中心的、まわりの状況を見ていない人」(39歳/その他/営業職)

もし美人でも度を越したワガママを言うと、扱いづらい人という印象に。結婚してずっと一緒にいるのは大変そうですから、同情すると同時に疑問に思ってしまうのかも。

■金と女にだらしない

・「金と女にだらしない。平気で話をする」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「金と女にだらしないやつが、結婚できたときは驚いた。『うまくやってるやつは、すごいなぁ』と感じた」(29歳/通信/営業職)

結婚するからには金銭面も、女性関係も、きっちり清算してほしいもの。捨てるものは捨てて一緒になってほしいですよね。

■優柔不断なせいで

・「優柔不断で、自分で何も決められない人」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「優柔不断で物事をなかなか決断できない友人、仕事も転々としていて不安定だったのに結婚しました」(35歳/医療・福祉/専門職)

決断には結果がと伴うもの。物事を決断するのに時間がかかる人は、相手が積極的だったのかもしれませんね。

■ギャンブル好き

・「ギャンブル好きで浪費癖が激しい」(39歳/建設・土木/技術職)

・「ギャンブル好きで3回目の結婚が2まわり以上年下」(39歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

典型的なダメ亭主のケースですね。ギャンブルはだいたいこちらが損をするようにできている向きがありますので、ハマると家計が大変です。妻は知っているのでしょうか。

■妻に冷たくする

・「奥さんが手料理を作っても食べないで『ファストフード食べに行く』と聞いたときは、こいつなんなんだろうと思った」(29歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「奥さんに冷たい態度をとる男性が、多いように思う」(39歳/その他/その他)

大前提として、結婚はお互いのためにするもの。妻が尽くしているのに冷淡な態度をとる夫を見ると、本当に結婚して幸せなのだろうかと思わずにいられません。

■まとめ

そのほか、「お酒が入ると暴れたり、記憶をなくす酒癖の悪い人」(36歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)と結婚した女性も。人にはいろいろな面があり、一概には言えないことも多いですよね。きっとその人でなければならない理由も多くあるはず。でも今回ご紹介したようなだと、一生涯をと共にする相手だと考えにくそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~9月29日
調査人数:405人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]