お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

色っぽい「人妻」の言動6つ

ファナティック

手の届かない相手だからこそ、より気持ちが燃え上がってしまうこともあるもの。男性にしても、それは同じかもしれませんね。今回は男性がたまらなく色っぽいと思う「人妻」の言動を教えてもらいました。

■1.人妻というだけで

・「人妻という響きはやはりそれだけで色っぽく感じる」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

・「人妻ってだけで色っぽいと思う」(32歳/機械・精密機器/技術職)

「人妻」という響きがあるだけで、色っぽく感じてしまう男性も多いようです。他人のものになってしまった女性ほど、手に入らないからこそ惜しくなってしまうのでは。「それだけで色っぽい!」なんて、人妻になった女性の特権ですね。

■2.夫とうまくいってない

・「最近、旦那とうまくいってなくて寂しい」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「夫とうまくいっていないことを言葉でなく、表情で語る」(39歳/金融・証券/事務系専門職)

夫とうまくいっていない人妻に対しても、グッときてしまうことがあるようですね。もしかしてチャンスがあるのかも? と期待してしまうのでしょう。物憂いげな表情が、また男性をドキッとさせるのかもしれません。

■3.胸元がセクシー

・「胸チラなどのセクシーな瞬間があったとき」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「ゆるい胸元。セクシーな唇などかな」(26歳/情報・IT/営業職)

結婚すると夫ができた安心感で、ゆるっと脱力した洋服を着る機会も増えるかもしれませんね。男性陣はしっかりと、そのセクシーさをチェックしているようです。他人のものになっていても、しっかり見られているなんて女性としても戸惑ってしまいますね。

■4.髪をかき上げる瞬間

・「結婚指輪を光らせながら髪をかき上げるしぐさかな」(39歳/金融・証券/事務系専門職)

・「髪をかき上げるしぐさが一番色っぽいと思う」(37歳/情報・IT/営業職)

髪をかきあげている女性は、何かとセクシーに見えるもの。人妻だと思うと、なおさらセクシーに感じるのではないでしょうか。指に光る結婚指輪を見て、男性はなんとも言えない背徳感に襲われるのかもしれません。

■5.上目遣い

・「上目遣いでデートに誘われたらたまらないかも」(37歳/商社・卸/営業職)

・「上目遣いで料理などを勧めてくるようなしぐさが色っぽいと思う」(39歳/その他/営業職)

人妻でなくとも、女性の上目づかいに弱い男性は多いですよね。人妻に上目遣いをされると、つい誘われているような気分になってしまうのでしょう。こんな表情は、“旦那さんの前でだけ”にしたほうがよさそうです。

■6.露出が多い

・「露出多めの服で、話し方が上品な人」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「露出度が高めの服を着ている。思わず、目で追ってしまいそう」(37歳/金融・証券/専門職)

人妻になっても、露出を減らすどころか、あえて露出の多い洋服を着る女性もいますよね。人妻というキーワードがついただけで、色っぽさが増すのではないでしょうか。

<まとめ>

普通に女性が行動しているだけでは、特に何も感じることがなくても、そこに「人妻」という文字がついただけで、色っぽく感じてしまう男性も多いようですね。ある種のブランドイメージのようなものかもしれません。みなさんは、人妻のどんなしぐさを色っぽいと感じますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月27日~2016年9月29日
調査人数:374人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]