お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「私のこと好き?」と聞くのはアリ!? 男性の思いを確かめる方法

織田隼人(心理コーディネーター)

告白は男性からするもの、女性は告白を待つのが望ましい。そう考えている女性はいまだに少なくないかもしれません。そんな考えが頭をかすめるせいで、なかなか告白してくれない男性にやきもきしている女性は大勢います。告白してくれたら即OKするのに……、それって女性から告白したり「私のこと好き?」と聞いてしまってはいけないのでしょうか? 男性心理に詳しい、心理コーディネーターの織田隼人さんに詳しく教えてもらいました。

「私のこと好き?」と聞いたら男性はどう思う?


まずは、女性が「私のこと好き?」と聞いたら男性がどう思うのかを教えてもらいました。付き合っている女性と付き合っていない女性別に回答してもらいましょう。

付き合っていない女性の場合


どういう意図で聞かれているのかすごく悩みます。
好きと答えたら付き合いに発展するのか、それとも好きと答えたら面倒になって離れていくのか、そもそも自分はまだ付き合いたいかどうか分からない状態で好きと答えるのはリスクが高くないか、といったことが頭を駆け巡ります。

なんとなく気になるから「私のこと好き?」と聞くのではなく、何の目的で聞きたいのかはっきり確認するといいでしょう。たとえば、男性に好きと言ってもらいたい場合には、「私は好きだけど、あなたは私のこと好き?」とか「私のこと好きって言ってくれるとうれしい!」というと「好き」と言ってくれる可能性が上がります。

付き合っている女性の場合

1回なら「好きだよ」と返すだけでいいのであまりウザイとは思いません。毎日のように繰り返されると面倒だ、と思う男性も多いでしょう。

好きな気持ちを持っていたとしても、相手に促されて「好き」と言うのは何か変な気持ちになってしまうものです。繰り返すと「言わされている気がする」という気持ちに男性はなって、徐々に気持ちがその女性から離れてしまうこともあります。

また「好き」と答えるだけならいいのですが、その後に「どこが好き?」と聞かれると男性は面倒に思うことが多いです。たいていの場合、男性が女性を好きに思っているときには心も体も考え方も仕草もファッションも全部含めて好きになっているので「全体的に好き」なのです。1つの部分を好き、というのは男性にとってはなかなか言えないものなのです。

次ページ:男性が自分を好きかどうかわかる! 脈ありサインとは

SHARE