お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

明らかに私のことを好きなはずなのに、彼が「友だち」関係から先に踏み出してくれない理由10

ファナティック

明らかに自分のことを好きなはずなのに、友だちから一歩先に踏み込んでくれないとき……。男性の心の中で、一体何が起こっているの? 社会人男性に「相手のことが好きなのに、友だち関係から先に踏み出せない理由」について聞いてみました。

■相手が「高根の花」だと感じているとき

・「自分に自信がないことと、本当に自分を知られたら、嫌われるから、わかっているから」(34歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「相手が自分と比べて高根の存在と感じている」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「より親密になったら価値観が合わないかもしれない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

カップルになったときに釣り合いがとれないような「高根の花」な女性だと、友だち以上の関係に進むのが怖くなってしまうことが、男性にはあるよう。ずっと一緒にいると嫌われそうで、また価値観のずれが起きそうで、次に踏み出すのが難しくなりやすいとか。

■「友情」が唯一の選択肢になってしまう

・「ややこしいことになったら友だち関係まで壊れてしまいそうだから」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「友だちでいる事が心地良くなってしまう。それを壊したくない」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「向こうからの好意を感じなければ、友だち関係が唯一の選択肢」(33歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

友だちとして最高の相手だと感じる場合も、その先に一歩踏み出せなくなりやすいよう。特に女性から「異性としての好意」を感じなければ、友情が唯一の選択肢!? あえて踏み込んで今以下の関係になる位なら、現状維持を選びたくなりますよね。

■仕事に影響が出る場合は、踏み込みにくい

・「同じ職場の女性だったりすると、別れた後に気まずいかなと思って二の足を踏んでしまう」(32歳/マスコミ・広告/営業職)

・「上司と部下の関係とか、仕事に影響が出るとき」(28歳/建設・土木/技術職)

また大人同士の恋愛は仕事がからむことがあり、面倒くさい事態に発展するケースも……。仕事と恋愛とどちらかを選べと言われたら、やっぱり「生きていくために必要な仕事」でしょうか。この選択肢を振り切るには、よほど相手を好きになれないと難しい?

■将来のことを考えると、うかつに踏み出せない

・「相手が結婚まで考えていると、むやみに付き合っては失礼だと思うから」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

・「まだまだ若いし、将来の人をひとりと決めるには難しい」(25歳/電機/技術職)

さらに大人同士の恋愛では「結婚」が深くからんでくるため、うかつに踏み出せないことも増えるよう。明らかに自分に好意があるはずなのに、一歩踏み込んできてくれないのは「その先にある結婚」に対してちゅうちょする気持ちがあるのかもしれませんね。

どちらかが「好き」と言ってしまえばとんとん拍子でことが進みそうなのに、そうならないのはやはり理由があるよう。その障害を取り除くことができれば、友だちより先の関係に発展しやすいのかもしれませんね。ズルズル友だち関係が続きそうなら、ぜひ対策を!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数207件。25歳〜34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]