お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

誰にも渡さねぇ! 夫が「妻を自慢したくなる瞬間」6つ

ファナティック

付き合っている彼氏が友だちに、自分のことを自慢してくれるとうれしいですよね。それが結婚しても続いたとしたら、もっとうれしいもの。では、夫が他人に自分の妻を自慢したくなる瞬間とは? 既婚男性のみなさんに「妻を他人に自慢したくなる瞬間」について、こっそり聞いてみました!

(1)見た目が美しい

・「同じ年くらいの夫婦にあったとき。間違いなくキレイ」(34歳/運輸・倉庫/営業職)

・「年上のパートナーだけど、若く見えるしかわいい」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

多かったのは「見た目がキレイ」という意見でした。同年代の夫婦に会ったときは相手の妻と比較して、特に自慢したくなるようですね。「年上なのに若く見える」というのもポイントが高そう。夫のためにも、ずっと美しい女性でいることは大切なようです。

(2)料理上手!

・「弁当を持参して、料理上手なところをつい他人に話したくなる」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「料理上手ですね。レパートリーが広く、手早く短時間で作ってくれます。自慢ですが」(34歳/その他/技術職)

「料理上手なところ」という意見も多数ありました。妻の手料理がおいしいと、自慢したくなる夫は多い様子。妻の愛妻弁当を周囲にアピールするなど、ひそかに自慢している夫は多そうですね。

(3)尽くしてくれる

・「しっかり尽くしてくれるところ。良妻という感じです」(32歳/学校・教育関連/その他)

・「何につけても尽くそうとしてくれるところを自慢したい。うれしくなる」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

見た目だけではなく「尽くしてくれる」という内面を自慢したい、という意見も。献身的に尽くしてくれる妻がいると、夫としてはうれしいようです。外見だけではなく、内面も重視しているのがわかりますね。

(4)誰とでも仲良くなれる

・「気立てがよく、誰とでも仲良くなれる」(36歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「器量がよく、誰に対しても対等にやさしく接する」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

会社の人に会わせてもすぐに仲良くなれるような「器量のよさ」も、自慢したいポイントのようです。人付き合いがいい妻は、夫の両親や親戚ともうまくやってくれそうなので安心。友だちに会わせても評判がいいので、周囲の人へ紹介しやすいですよね。

(5)夫を立ててくれる

・「自分を立てて他人と話をしてくれているとき」(34歳/建設・土木/技術職)

・「性格がよく、外で自分のことを決して悪く言わない」(35歳/その他/その他)

外で夫の愚痴などを一切言わず、ここぞというときに立ててくれる妻は、夫にとっては最高のパートナーと言えそうです。夫の顔をつぶさないようにするための細かい気配りが大事。簡単なようで、いざというときに配慮がないとなかなかできないことですよね。

(6)家事や育児を完璧にこなす

・「仕事をしながら家事を完璧にこなしていること」(29歳/情報・IT/技術職)

・「日ごろしっかり家事や育児をしてくれている瞬間」(29歳/その他/その他)

「家事や育児をしっかりやってくれる」のも、自慢ポイントとして挙げられました。共働きなのに家事を完璧にこなしてくれたりすると、夫は仕事に専念できるのでありがたいようですね。忙しく働く女性もいますが、家のことにもしっかり向き合う瞬間を設けられれば、夫が自慢したくなるような妻になれるのかもしれません。

<まとめ>

他人に自分の妻を自慢したくなる瞬間として、6つのポイントがありました。外見だけではなく、尽くしてくれたり立ててくれたりする内面も、夫にとっては自慢になるようです。結婚後も「自慢の妻です!」と夫に胸を張ってもらうためには、これらのポイントを押さえておくとよさそうですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月15日~2016年9月16日
調査人数:137人(22~39歳の既婚男性)

お役立ち情報[PR]