お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

意外と知らない! 「男性が彼女に求める価値観」6つ

フォルサ

彼女に求める条件を問うと、「価値観が合うこと」と答える男性が多いものです。では具体的に、どんなことについての一致を求めているのでしょうか。男性のみなさんに、女性と付き合う上で「ここだけは一致しないと!」と感じる価値観について聞いてみました。

■金銭感覚

・「金銭感覚。お金の使い方が荒いと家計が破たんするから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「節約するポイントとお金を使うポイントが合う」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「金銭感覚。外食一つをとっても、金銭感覚が合わないと争いのもとになる」(31歳/機械・精密機器/技術職)

男性の声が飛びぬけて多く集まったのが、「金銭感覚」についてです。交際期間では、デートやプレゼントの際に問題になります。結婚生活を視野に入れると、日々の出費で争いのもとになりそうですし、家計も不安になりますね。

■趣味・し好

・「好きなもの、ことについて一致することだと思います」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「お互いの趣味。そうでないと楽しめない」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「趣味を理解してくれる人でないと付き合えない」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

2人の好きなことや好きなものが同じだと、2人一緒に楽しめますね。逆に相手の趣味がまったく理解できないとしたら、大切にするものが大きくちがうということで、うまくいかないと考えるようです。

■食べ物の好み

・「食べ物の好みは一致していると安心する」(31歳/自動車関連/技術職)

・「味の好み。食べ物の好みがあわないとやっていけないから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

衣食住の中で、一番こだわる人が多いのが「食」なのではないでしょうか。誰もが、食べないでは生きていけません。食べ物の好みの一致を重要視する人も目立ちました。

■笑いのツボ

・「笑いのツボ、合わないとつらいから」(26歳/金融・証券/専門職)

・「笑いのツボ。なんとなく安心するし、うまくやっていけそうな気がするから」(33歳/運輸・倉庫/その他)

同じものを見て、同じように笑い合えたら、楽しいですね。笑いのツボが同じというのは、感性が似通っているということ。気の合う、いつも笑いの絶えない明るいカップルになれそうです。

■結婚や子どもの数など、将来のビジョン

・「理想としている将来のビジョン」(30歳/電機/技術職)

・「ほしい子どもの人数(数がちがうと、後で大変になりそうだから)」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

お付き合いの段階から、「自分の理想とする将来をともに歩める人かどうか」という視点で女性を見る男性も見受けられました。年齢層としては、30歳以上の男性に多いようです。

■セックスの相性

・「セックス相性です。これ以上ないです」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「エッチの相性。SとMで相性いいかどうか」(26歳/学校・教育関連/その他)

数は限定的でも、セックスの相性を重要視する声もありました。「身体の相性と物事の価値観」と、バランスをとった回答も。

■まとめ

多くの声が集まった「金銭感覚」は、お金についてだけでなく、より広い意味の価値観を表しているのではないでしょうか。何かにお金を出すか出さないかは、2人がそれぞれ、生活の中で何を大切に考えているかで変わってきます。基本の価値観とする男性が多かったのももっともですね。そのほか、「笑いのツボ」や「セックスの相性」など、興味深い回答が寄せられました。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月21日~9月4日
調査人数:97人(22歳~40歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/佐上ひさ子)

お役立ち情報[PR]