お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男性が「この子イケる!」と確信する瞬間・6選

フォルサ

誰かに恋し、相手も自分を思ってくれているとわかった瞬間は、最高に幸せなものですね。今回は、男性のみなさんに、そんな瞬間について思い出してもらいました。両思いを確信したのは、どんな瞬間だったのでしょうか。

■相手からのアプローチ

・「相手からささいなことや自分には特に関係ないことでもLINEとかで連絡がきたとき」(30歳/マスコミ・広告/営業職)

・「相手から積極的にお出掛けなどの誘いを受けたとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「相手が甘えたいサインを出してくるとき」(30歳/運輸・倉庫/その他)

それまでは自分から行動するばかりだったのに、彼女の方が連絡があったり誘われたりしたとき、両思いを確信したという声が多く聞かれました。彼女のサインは明らかですね。

■デートの誘いにOK

・「遊びやご飯の誘いに喜んで応じてくれる」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「デートに誘ったらすぐにオッケーの返事をくれる」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「休みの日にランチに誘って、わざわざ出てきてくれたら」(37歳/機械・精密機器/営業職)

いろんなお誘いに、喜んでOKしてくれたり、即座にOKしてくれたり、そんな様子で相手の好意が確認できることもあります。デートの誘いにOKしてくれただけでも、大いに脈ありと判断する男性もいました。

■話が楽しく続く

・「メールやラインで楽しいのを確信したとき」(26歳/農林・水産/技術職)

・「何気ない会話が楽しく続くとき」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

会話でもメールのやり取りでも、楽しく続くのは、好意があるからでしょう。メールの場合、夜のやり取りには特別な親密度を感じて、確信につながるとの声もありました。

■目と目で通じ合う

・「見つめる視線に気が付いてほほ笑み返す」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「お互いに目があって笑い会えた時」(31歳/自動車関連/技術職)

・「電気が流れるようなエピソードがありました」(28歳/建設・土木/販売職・サービス系)

目と目が合うと、無言でも思いが行き来します。電気が流れるように感じる人もあるようです。彼女からほほ笑みが返ってきたら、それも大抵は思いが受け入れられたということでしょう。

■考えが合う

・「お互い思っていることが同じなことが多い」(34歳/電機/技術職)

・「会話がぴったりと合うようになれば、OKかなと思いますね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

何気ないおしゃべりをしていて、話や気が合うことが多くなると、「もう片思いじゃない」と感じられるようですね。

■スキンシップ

・「遠出した帰り道に、急にボディータッチしてきて、お返しにぼくも、ボディータッチしても何も嫌がらなかった瞬間」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「セックスさせてもらったとき。これ以外に確認しようがない」(36歳/学校・教育関連/その他)

女性から手をつないできたり、体に触れてきたりすれば、どんな男性でも両思いを確信できますね。男性側からのスキンシップでも、受け入れられれば、ほぼ間違いないと思えそうです。

■まとめ

片思いだと思っていた彼女から、「私もよ」と意思表示されるのは、待ちに待った心躍る瞬間ではないでしょうか。何気ないおしゃべりや視線から感じ取れる場合もあれば、明らかなサインを送られて初めて気づく場合も。アンテナの感度が試されるときですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月21日~9月4日
調査人数:97人(22歳~40歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/佐上ひさ子)

お役立ち情報[PR]