お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

女子には理解不能? 正直、付き合うのがしんどい「彼の趣味」4

ファナティック

カップル彼氏の影響で趣味が変わる女性はいますよね。ですが、中には興味がない趣味に無理やり付き合わされているだけの女性もいるようです。実は付き合うのが苦痛な「彼氏の趣味や熱中しているコト」を女性のみなさんに聞きました。

■アイドルオタク

・「アイドルの追っかけ。CDを何枚も買って2ショット撮影会ばかりに参加している」(24歳/金融・証券/営業職)

・「AKB48オタク」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

・「元カレがアイドルオタクだった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

魅力的な女性アイドルにお熱な男性も。彼女がいるにも関わらず、心が女性アイドルのものであれば悲しすぎますよね。

■乗り物の改造

・「車。マフラーをいじったりしているが音がうるさいので乗りたくない」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「彼氏の趣味がバイクだったときは、ツーリングに行ったとき後ろに乗せてもらって一緒に行ったが、怖いし、バイクの知識がないので、みんなの会話についていけなかった」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「車をヤンキー仕様にしていること。元カレが車高を低くして、窓を黒くして、羽を載せていたのがすごくイヤだった」(30歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

車の改造をする女性はあまりいないかもしれませんから、話題にもついていけず、なかなか受け入れがたいと思ってしまうのも仕方がないのかも。悪目立ちしがちで、女性には理解しづらい趣味ではないでしょうか。

■野球観戦

・「野球観戦。スポーツを観ることにまるで興味がないから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「野球観戦が趣味の元カレに合わせ、試合を観戦するのが苦痛だった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「野球はちょっと苦手。選手が覚えきれないから」(32歳/自動車関連/技術職)

かつては国民的な人気があった野球ですが、今は多少下火になっていますよね。カレの希望に合わせていても、実は野球に興味のない女性は多そうです。

■楽しめないゲーム

・「ゲームと釣り。興味のないこちらからしてみれば、どうでもいいし、話を聞いてるだけで苦痛」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

・「サバゲー。勝手にやるならいいけど、誘われると面倒」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ゲーム。誘われて一緒にやるが、苦手だし負けてばかりだし、あまり楽しくない」(25歳/食品・飲料/専門職)

何かのゲームに誘われても、相手のほうが得意で実力差があると一緒には楽しめませんよね。また、こちらの興味の有無も大問題です。

■まとめ

実は男性の好きなことに付き合わされて、お疲れ気味な女性は多いようです。同じ趣味を持つと二人の関係にとっていいことがあるのは確かですが、女性を無理に自分の趣味に付き合わせようとする男性は遠慮したいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数136件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]